修理できるお店が増えるね!Appleが独立系修理業者向けプログラムをMacにも拡大

修理できるお店が増えるね!Appleが独立系修理業者向けプログラムをMacにも拡大
Photo: Drew Angerer (Getty Images)

アップルユーザー、どんどん便利になると良いなあ。

アップル(Apple)は、独立系修理業者向けプログラムのサポートをMacにも拡大することを明らかにしました。

ユーザーにとってより多くの選択肢が増えるので良いことですが、日本を始めとするアジア諸国はこのプログラムの提供リストには入っておらず、このニュースの恩恵を受けるのはもう少し先のことになりそうですが…。

Macが今より多くのお店で修理できるようになる

このニュースは、ロイターによって報じられました。アップルは去年からiPhoneの修理を行うApple公認の独立系修理業者に対して、純正パーツや修理用ツール、診断、ガイドなどを提供開始していましたが、今回、Macにも拡大されたかたちになります。修理可能な製品のサポートが拡張されることによって、アップルストアやベストバイなどの認定サービスプロバイダーにいけない人にも、持ち込めるお店ができるかも。

もちろん、ユーザーとして歓迎すべき動きですが、これは全体像の一部に過ぎません。アップルがつくっている製品はiPhoneとMacだけではないので、それ以外は依然としてアップルストアや認定サービスプロバイダでしか修理できません。さらに、アップルの独立系修理業者向けプログラムに加入するには、アップルさまとのそれ相当な契約が必要になるようです。

2月にViceが入手した契約書のコピーには、独立系修理業者は、抜き打ち検査、「禁止」修理部品を所持していた場合の罰金、修理事業者の顧客情報の引き渡し等の条件に同意しなければならないことが記載されていました。それでも、このプログラムに参加する業者は増えていて、今年7月にはアメリカのApple認定独立系修理事業者数は700以上に達しています。

今後もこの流れが加速して、いつか日本でも近くの店で安心してアップル製品を持ち込んで修理できるようになると良いですね。

    あわせて読みたい