メールアプリにお金を払う価値。フィッシング詐欺対策サブスクはじめました

  • author 中川真知子
メールアプリにお金を払う価値。フィッシング詐欺対策サブスクはじめました
Image: Edison Mail

フィッシングメールってドキっとする。

メールのゴミ箱ボックスを定期的に開くことがあるんですが、たまにフィッシングメールが届いているとドキドキする。まぁ手を替え品を替え騙そうとしていて、関心させられることもあります。この間は、その昔使っていた私のパスワードを書いてきて「お前がみたサイトにマルウェア仕込んでやったから、パスワードから何から丸っと知ってるぞ。バラされたくなかったらビットコインでxxxドル支払え! 」という内容が来てました。ググったら「以前にはやったフィッシング。無視してオッケー。」と書かれていましたが、こういうメールが届くのって気持ちの良いものではありません。

フィッシング詐欺対策を強化したメールサービス

そこで、Edison Softwareはアンチ・フィッシングのメーラー「Edison Mail Plus」を登場させたみたい。月額14.99ドルもしくは年額99.99ドルのサブスクで、セキュリティ重視なんですって。

The Vergeによると、主な追加機能は「送信者確認」機能で、怪しげなメールが受信ボックスにやってきたら、その人物や企業からのメッセージが果たして正当なものなのかどうかの情報を提供してくれるもの。

DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformanceの略)というなりすましを、メールやフィッシング対策のセキュリティ技術を使って、送信元のアドレスが送受信可能なのかを確認してくれるとのこと。

また、Edisonは既存のEメールと連絡先リストをスキャンし、Eメールが本物のEメールアドレスから送られてきているのか、それとも詐欺師から送られてきているのかを判断してくれるとのこと。連絡先をアップデートするのも簡単らしいので、勝手に必要なメールを弾かれてしまうことも無さそう。

ちなみに、このスキャンは全てローカルのスマホ内で行われるため、情報はデバイスの外には漏れないのだとか。

スパムもバッサリ

フィッシング対策だけでなく、スパムブロックもあり。受信したEメールの電話番号を自動認識して、着信とメッセージにコンタクト情報を表示するのだそうです。ワンタップのオプションでその番号をブロックできるようになるのだとか。

私は個人的にそこまで頻繁にフィッシングメールやスパムメールを受信するわけではないので、サブスクしてまでブロックする必要はないかなと思います。ただ、こういう有料プランがあるのだということは知っておいて損はないと思います。フィッシングメールとスパムメールに相当悩まされるようになったらサブスクしようかな。

Source: The Verge

メールのフィッシング詐欺対策 ほしい?

  • 0
  • 0
Edison Mail

シェアする

    あわせて読みたい