『フォートナイト』大乱闘にマイクロソフト参戦!!

  • 24,719

  • author R.Mitsubori
『フォートナイト』大乱闘にマイクロソフト参戦!!
Image: 日本マイクロソフト

スマブラでいえば、リンクかソニック?

ゲーム業界やアプリ業界に衝撃を与えている「フォートナイトの乱」。FacebookやSpotifyがEpic Games支持の姿勢を見せるなか、現地時間の23日に米Microsoftが「Appleの措置に対して重大な懸念を抱いている」として、連邦裁判所に文書を提出しました。IT界の重鎮企業がEpic Games支持を公式に表明したわけです。

これまでの大まかな流れをざっくり説明すると:

1.Epic GamesがApp Storeのアプリ内課金システムに物申すため、App Storeを迂回する決済方法を導入することで「故意に」規約違反を実行。

2. Appleは同ゲームをApp Storeから削除。

3.それを予測して事前に準備をすすめていたEpic Gamesが即座にAppleを独占禁止法違反で提訴。

4.Apple「28日までにEpicのすべての開発者アカウントを停止し、iOSおよびMac開発ツールから遮断する」と通知 。これにより『フォートナイト』に限らず、ゲーム開発に用いられるエンジン「Unreal Engine」にまで影響が懸念されるようになる。

…という感じで、両社が真っ向から対立する泥沼の様相を呈しています。

Microsoftが特に問題視しているのは、Appleが『フォートナイト』だけでなくEpic Gamesのゲームエンジン“Unreal Engine”を含む、すべての開発者アカウントを停止するとした点です。アカウントが停止されれば、同エンジンを使ってiOSやMac向けのゲームアプリを開発することができなくなり、サードパーティのゲーム会社がUnreal Engineから撤退することも予測されます。

Microsoft自身もUnreal Engineとライセンス契約しており、同社の人気レーシングゲームの”Forza Street”もまたUnreal Engineを通じて誕生したと指摘。「AppleがUnreal Engineを排除することはゲーム業界のエコシステム全体に深刻な影響をもたらす」と主張しています。

micro
Video: Xbox
Unreal Engineで開発されたというXboxの『Forza Street』。

Apple側は「Epic Gamesはすべて承知の上だったんでしょう」と、報復措置の撤回は断固拒否する姿勢。多くの大手ハイテク企業を巻き込むことになった今回の裁判、初公判は現地時間の24日、Zoom経由で開催される予定です。

Source: Windows Central, ITmedia

    あわせて読みたい