今買うならコレ! 価格と目的別おすすめノートPCまとめ【2020年夏】

  • 20,838

  • author Alex Cranz & Joanna Nelius - Gizmodo US
  • [原文]
  • satomi
今買うならコレ! 価格と目的別おすすめノートPCまとめ【2020年夏】

今年もいきなりやってきました、 ノートPCベストセレクション!

無数の製品を触って米Gizmodoが選んだ今一番のおすすめを教えちゃいます。安さ優先の人も、パワー優先の人も、ここを読めば大丈夫。予算10万円台ならギズモード・ジャパンのおすすめも回ればもう予習はバッチリですよ!

2018年版2019年版とトップの写真ほぼ一緒やん!って言わないで読んでくださいね。今期は順位がだ~いぶ入れ替わってます。

2020年夏からの市場予測

AMDIntelの新型モバイルチップ、Nvidiaの新型GPUが出て、ゲームやコンテンツ制作力を一段と高めたノートPCの新製品がドッとリリースに。

・AMDはRyzen 9 4000H(通常版)/HS(薄型軽量版)のCPUでIntel第10世代のCore i7とi9に対抗。

・GPUではNvidiaがGeForce RTX 2070 Superと2080 Super Max-Q搭載の最強スペックノートを実現し、RTX 2060搭載ノートのほうは1000ドル(約10万円強)にプライスダウン。

・Acer、Asus、Gigabyte、Lenovo、MSI、Razerの主要メーカー各社は製品ラインナップを拡充し、300Hzパネル搭載ノートなんてものまで登場し、AMDチップ搭載Asus製ROG Zephyrus G14も発売に。

・仕事用ノート、2in1も発売ラッシュ!

・LenovoのYogaシリーズも、晩夏か初秋の風が吹くころにはAMDのRyzen 9 4000Uシリーズ搭載になって、同等性能のIntel搭載ノートより数万円安くなる見通しです。

総合点で選べばコレ!Dell XPS 13(2020)

20200819BESTLaptop_allaround
Dell XPS 13
Photo: Gizmodo

こんなアナタにおすすめ

価格、パワー、デザイン。そのすべてにおいて死角なし。バランスを求める人は買って後悔なし。

総評

2年連続ベスト。デザイン性に優れ、ベゼルはこの上なく薄く、ハッとする見た目です。多彩な仕様の中から好みに合わせて選べます。2019年モデルですでに10点満点だったけど、最新型は縦横比16:10になって、タッチパッド&キーが大きくなっているのが特長。ベゼルは薄くなって、性能はますますアップ。若干重くはなったけど、秤に乗せて測らないとわからない程度の違いとなっています。

Intel第10世代Core i5搭載で、メモリ容量8GB、SSD容量256GB、500Nit輝度、縁が見えないインフィニティプールならぬInfinityEdgeディスプレイでほぼベゼルレスを実現…っていう辺りは、最新プロセッサを除いて、昨年モデルの良さをそのまま残しました。

Thunderbolt 3対応のUSB Type-C ポート2基、microSDカード用スロット1基があるので、写真を簡単に取り込んで編集できますよ。最低価格帯のメモリとストレージはもうひとがんばりできたかも。

こちらもおすすめです!MacBook Pro 16Surface Laptop 3MateBook X Pro

・Mac派には新型16インチMacBook Pro 16。Apple製ノートでは一番デカくて高いけど、処理性能は最速だし、5年ぶりとも言えるメジャーアップグレードがなされています。

・大画面WindowsノートPC派には、Microsoft最新の15インチSurface Laptop 3がGPUもコスパも◎です。画面が広いのに、15インチとは思えない軽さ。

・Dellの見た目がダメなら、ファーウェイのMateBook X Proはいかが?


安さで選べばコレ!Microsoft Surface Go 2

20200820best_cheap_laptop
Microsoft Surface Go 2
Photo: Gizmodo

こんなアナタにおすすめ

何かと物入りなご時世。ここは価格で選びたい。何ひとつ妥協はしたくない。でも先立つものはお金なのです。

総評

10.5インチにして544gの超軽量。Surface Go 2はお家でも職場でも軽快に持ち運べるサイズ感が魅力です。ちっちゃいのにデキるマンで、ビルドは初代同様、上質です。iPadみたいに下のほうにカメラがついてないので、ビデオ通話でも目の高さにカメラが合いますよ。

なお、Intel Pentium 4425Y CPUの最下位モデルは非力と感じるシーンあり。ギズモード・ジャパンが借りた中位モデルでもピーキーな挙動が確認されました。純正タイプカバーは別売2980円ですが、あるとないとでは大違いなので、ぜひ一緒に揃えましょう。

こちらもおすすめ!500ドル未満のノートPCセレクション(2018年)

Asus Zenbook Flip推しですが、情報がやや古いので、今でも通用するポイントを拾っておきますね。

iPad(最安3万7009円)をキーボード(高い)やマウスと組み合わせて使う場合、注意が要るのはポートで、Proは2018年モデルからType-Cポートがあるけど、無印iPadはLightningポートしかないので、SDカードの読み取りにはLightningに差し込めるSDカードリーダーが必要です。

・Chromebookは3万円ほどで4GB×11インチ以上のものが買えます(こないだの2in1「IdeaPad Duet」も3万9800円に値下がり中)し、今はAndroidアプリも走るので、PhotoshopやMS Officeもローカルで使えます。Chrome OSは軽量&高速。USB接続でHDD拡張もOK。安売りを狙えばi3以降のも手に入ります。USB Type-C、Type-Aなんかのポートがたくさんついてて拡張性は十分。

・Windowsは目移りする品揃え。3万円切るとさすがに非力になりますが、4、5万円で14~15インチのi3やRyzen 3以降のいいのが買えます。高くなるほどスリムに。


ゲーム(と仕事)を極めるならコレ! Razer Blade 15 Advanced

20200820best_game_work_laptop
Razer Blade 15 Advanced
Photo: Gizmodo

こんなアナタにおすすめ

金は厭わない。グラフィクス爆速処理パワーをくれ!なコアゲーマーとクリエイティブ。

総評

行き着くとこまで行き着いた感のあるRazer Blade 15ですが、CPU、GPUがさらにパワーアップ。4K OLEDと300Hz LCDから選べるようになりました。バッテリー駆動時間は今回も試したゲーミング&ワークPCでは最長です。高速&軽量。バッグで持ち歩いてもそんなに荷物にならないし、動画処理や高負荷ゲームもサクサクです。6コアのベースモデルは23万3799円、 8コアはぴょんと高い38万9799円

こちらもおすすめ!Lenovo IdeaPad Gaming 3i

仕事でそこまでの処理性能は必要ないけど、暇なときゲームしたい。そんなみなさまには10万円のLenovo IdeaPad Gaming 3iで十分すぎるほど十分です。バッテリーもちがやや短い程度で、スペックも価格もほぼ申し分ありません。さらに安いAMD Ryzen 4000番台モデルももうじき発売。


Chromebookならコレ! Asus Chromebook Flip C4346万6500円

20200820best_chromebook
Asus Chromebook Flip C434
Photo: Gizmodo

こんなアナタにおすすめ

生きていくのに必要なものは水とネット。それさえあれば大抵なんとかなるんです。

総評

パンデミックで売れまくりのChromebook。1年前にメーカー各社さんから自信作を取り寄せて比べたときはAsus Chromebook Flip C434がベストでした。14インチで、ベゼルはあくまでも薄く、6万6500円とは思えない高級感。あのChromebookもここまで来たかと思いました。

Acerもバッテリー、処理速度では次点になりますが、毎回ぴったりつけています。全方位的に満足度が高く、本と一緒にバッグに忍ばせておきたいオールマイティーなChromebook

こちらもおすすめ! Google Pixelbook14万9200円

・純正PixelbookでChromebookの良さを初めて実感して2年。高級化路線は健在で、日本は今も並行輸入のみの取扱いで、気になるお値段14万9100円。待望廉価版GOですら12万1898円もします。バーゲン狙いで。

・今すぐ安く買いたいなら、DellのChromebook 3100 2-in-1に。半値以下の5万9980円で買えます。


2in1ならコレ! HP Spectre x360 1313万2000円~)

20200820best_2in1
HP Spectre x360 13
Photo : Gizmodo

こんなアナタにおすすめ

ノートとタブレット、両方一度に欲しい欲張りな人。

総評

前モデルから1インチも筐体が小さくなって、上下のベゼルの幅も半分に。見違えるほど美人になって首位交代となりました。こんなにスリムなのにUSB ポート3基(うち2基はThunderbolt 3)、イアホンジャック、microSDカード用スロットがばっちりついてるんですよ? 背面右手のUSB Type-Cポートの位置も◎で、充電するときまったく邪魔にならなくて感動。Intel第10世代プロセッサが搭載になったので、動画も写真もガンガン処理できます。

こちらもおすすめです! Lenovo Yoga C930、Surface Pro 710万5730円

・惜しくも3連覇は逃がしましたが、Lenovo Yoga c930もがんばってます。忘れないでね♡

・ネットの閲覧や文字入力より、描画やデザインで使うシーンが多い人はもうYogaのことは忘れてSurface Pro 7に。タブレット・ファーストの2in1なので、ノートPCの使用感はパッとしないけど、タッチや描画するときの使い心地は最高。タッチのゲーム(Gwentなど)も快適に遊べますよ!

・iPad最新型も好きなんですけど、PC代わりと思うと役不足で、いろいろ悪夢な展開が待っています。


以上いかがでしたか? こことギズモード・ジャパンがまとめた10万円台のおすすめノートPC以外にも「このラップトップいいよ!」っていうのがあったらSNSのコメントなどで教えてくださいね。

    あわせて読みたい