見た目は完全に「木の香りがするあの鉛筆」。だけどデジタルペンなんです

  • 8,417

  • author ヤマダユウス型
見た目は完全に「木の香りがするあの鉛筆」。だけどデジタルペンなんです
Photo: ヤマダユウス型

ペン立てに入れたら確実に間違えちゃう。

液晶タブレットでおなじみのワコムが、三菱鉛筆株式会社とコラボしたデジタル鉛筆「Hi-uniDIGITAL for Wacom」を発表しました。見た目こそ完ッ全に鉛筆ですが、紙には書きません。書くのはデジタル!

由緒正しいuniの歴史

三菱鉛筆のuni(ユニ)といえば、1958年に誕生してから今なお親しまれている鉛筆のスタンダート。良質な芯を作るべく黒鉛と粘土の粒子を均一に細かくする技術を確立し、開発に5年を要した国産の高級鉛筆です。鉛筆1本10円の時代に、50円でも大ヒットしたそうな。

その上をゆくHi-uni(ハイユニ)は、世界最高品質の鉛筆を目指し開発された、鉛筆の最高傑作として1966年に登場しました。粒度配合を工夫することで、摩擦の少ない滑らかな書き味を実現。今では10H〜10Bまでを揃えた22本入りの「ハイユニ アートセット」が販売されています。uniにはないゴールドのリングがHi-uniの特徴です。

鉛筆の持ち心地を100%残したデジタルペン

200810wacomuni_02

そんなHi-uniが、ワコムとのコラボでデジタルペンに。見た目こそ完全に鉛筆のそれです。芯を入れる工程以外は普通の鉛筆と同じ生産ラインで作られているそうですよ。ワコムロゴとDIGITALの文字のおかげで区別はできます。

200810wacomuni_03

見ての通り、ペン先はたしかにデジタルのそれ。鉛筆削りで削ったようなギザギザ模様がノスタルジックを誘いますね〜。しっかりと木の香りも漂ってくるし、ペン先以外は完璧に鉛筆の感触。ホンモノの鉛筆とブラインドテストしてもわかんないでしょう。

200810wacomuni_04

長さは新品の鉛筆の80%程に短くしてあるんですけど、これもワコムが色々なイラストレーターにヒアリングして、このくらいちょっと使った感がある長さがベストだと見極めたそうな。長さによって持った時のバランスが変わるようで、このくらいが良い塩梅なんだとか。実際、持ってるとなんか落ち着きます。

では実際に液タブに書いてみましょう。ワコムさんから「Hi-uniDIGITAL for Wacom」と一緒にお借りしたWacom Oneで試し書きです。鉛筆握るなんて数年ぶりか…あ、こないだの都知事選で使ったっけ。

200810wacomuni_05

軽快、軽快ですじゃ…。木のぬくもりと程よいしなりを感じながら、デジタルな描画ができる不思議な感覚です。付属のプラスチックのペンとは確かに書き味が違います。鉛筆の方が軽快にペンを振れる感じがしますね。

絵描きの友人にも試してもらったところ、「紙で書くのと似た心持ちで書ける」との感想ももらいました。なるほど、普段から鉛筆で書いてる人にとってはその感触のままデジタルでも書けるのね。なーるほど!

200810wacomuni_06

ペンタブのペンはペン先がブラック一色だったり、グリップ部分が少し膨らんでいたりするんですけど、「Hi-uniDIGITAL for Wacom」はペン先に向かってフラットな仕上がりで、しかも黒以外の色が入ってます。おかげでペン先が確認しやすく、今どこを書いてるのかがわかりやすいとも感じました。狙ったところに書きやすいので、結果的に描画の軽快さにつながります。

持った感じは完璧に鉛筆、だが描き味は完全にWacom

「Hi-uniDIGITAL for Wacom」のスペックは、筆圧レベルが4096段階、重さ4.8g、長さ140mm、直径7.73mm。現在はWacom Oneのみに対応しています。ワコムストア価格で税込み3,960円(替芯3本付属)。専用の替芯(5本)はワコムストアにて税込み1,100円で発売中です。8月10日時点で品切れ中だったので、注目度かなり高そう。

ワコムの液タブで使える鉛筆風のデジタルペンといえば、ドイツの名門鉛筆を模した「STAEDTLER Noris digital」や、同じく三菱鉛筆の「三菱鉛筆9800 デジタイザペン(raytrektab用)」があります。「Hi-uniDIGITAL for Wacom」との比較はできませんでしたが、微妙な塗装の違いやバランスの違いで、書き味の好みがわかれるかもしれませんね。

200810wacomuni_07
Image: ワコム

高級鉛筆の気持ちのままデジタルお絵かきができる「Hi-uniDIGITAL for Wacom」。見た目にも高級感のある一本で、現役の液タブユーザーでも1本持っておけば気分転換になりそうですね(対応機種が増えれば)。久しぶりに握った鉛筆は、やっぱり良き感触でした。

Wacom Oneを買うと専用ブラシが付いてくる

また、2020年12月31日(木)まで、CLIPSTUDIO PAINTで使える「Hi-uniブラシ」がもらえるキャンペーンが実施中です。対象者はWacom Oneユーザーで、過去に購入したユーザーも対象。

200810wacomuni_08
Image: ワコム

これがそのHi-uniブラシ。そう、10B〜10Hまで22種類そろった「ハイユニ アートセット」と同じ構成なんです! 文具好きの人にぶっ刺さりそうなキャンペーンですな…。

200810wacomuni_09

実際に書いてみるとこんな感じ。黒鉛のまばら感や濃淡が気持ち良く、どうあがいても鉛筆ッな質感を出せるブラシですね。紙と違って消しゴムで消しても鉛筆のへこみが残らないのもデジタルの魅力?


Photo: ヤマダユウスケ型

Source: Wacom

Hi-uniDIGITAL for Wacom ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい