さよならダメダメパスワード! ブラウザ(Chrome/Firefox/Safari)でダメパスワードをまとめて確認する方法

  • 7,078

さよならダメダメパスワード! ブラウザ(Chrome/Firefox/Safari)でダメパスワードをまとめて確認する方法

パスワード見直しは、思い立ったが吉日。

パスワード。パスワードねぇ。はぁ、パスワード…。管理ソフトに任せてる人は悩みから解放されていると思いますが、まだ自力でやっている人はため息つくよねぇ。端末に登録して自動ログインできているうちはいいけれど、何かのタイミングで自力ログインすることになったら地獄。わかんないの! 結局、パスワードを忘れた人はこちらからの再登録で、またそのうち忘れるというね。

そもそも再登録する時に、今度こそ安全性の高い「ちゃんとした」パスワードにしようと思いつつ、結局いつものやつにプラスアルファしたやつになりがち。二段階認証が普及していますが、使う側もアップデートしないとダメよね。てことで、今日こそダメダメパスワードをなんとかしたいと思った人、そのタスク、ブラウザにお手伝いしてもらいません?

メイン3大ブラウザ、Chrome、Firefox、Safariには、ダメダメパスワードをチェックするありがたい機能が備わっています(Microsoftの最新版Edgeは、パスワードを記録する機能は搭載されるもののダメだし機能はなし。)

Chrome

200803changeyourpw01
Screenshot: Firefox

Chromeのパスワード管理はGoogleカウントと紐づいており、例えばAndroidアプリなど他所で使うパスワードと合わせてウォッチしています。

Chromeのメニューアイコン(右上の3点ドット)から、設定>パスワード(または右上の自分のアイコンから鍵アイコンクリック)。サイトとユーザーネーム、パスワードの一覧が表示されます。「パスワードを確認」クリックで、データリークの有無、安全性の低いパスワード(123456とかpasswordとかな…)、複数アカウント/サービスで使いまわされているパスワードをチェックしてくれます。

これは、GoogleのPassword Checkupページからも可。変更すべきダメパスワードがわかったら、それぞれのパスワードを変更するリンクへ飛ばしてくれます。適切なパスワードを考えるのが面倒ならば、そこもGoogleオススメパスワードにおまかせ。覚えられなくても大丈夫、Googleアカウントで保存しといてくれますから。ありがたやありがたや。

また、GoogleアカウントにサインインしてChromeを使っている人は、データリークのあったサイトにログインするたびに警告も表示されます。

Firefox

200803changeyourpw02
Screenshot: Firefox

Firfoxはパスワードを保存し、複数端末間で共有可能。Firefoxのメニュー(右上の3本ライン)から、設定>プライバシー&セキュリティ。ログイン&パスワードに、Firefoxが記録しているパスワードリストが表示されます。

機能的にはChromeよりも弱く、安全性の低いパスワードや使い回しのチェック・警告はしてくれません。サイトの登録ページで複雑なパスワードをオススメはしてくれます。データ漏洩があった場合だけは、ログイン&パスワードのページで警告してくれます。(Firefoxブラウザなしでも使えるのはFirefox Monitor。)ブラウザ機能でも、Firefox Monitorでも、表示リンククリックでリークの詳細情報(パスワードや支払い情報など、何が漏れたかチェック)を確認できます。

Safari

200803changeyourpw03
Screenshot: Safari

Safariは、Apple IDに紐付いた複数端末で、パスワードなどログイン情報を保存・共有します。macOSのSafariならば、メニューから設定>パスワードでリストを確認できます。問題あり(安全性の低いもの、使い回し)のものは、横に黄色い[!]アイコンが表示されます。アイコンクリックで問題点の確認、パスワード変更へのリンクが表示されます。

Chrome、Firefoxと同じく、新たに何かアカウント登録する場合は、安全性の高いパスワードをお勧めしてくれます。保存もしてくれるので、覚えなくてOK。

ユーザーネームとパスワードがデータリーク被害にあっていないかのチェック機能は現在ないものの、macOS Big Surで搭載予定。Big Surが正式リリーズされれば、Safariの設定>パスワードから、iCloudのKeychainに保存したパスワードでリークしたものがあればチェック(黄色い[!]アイコン)できるように。

Safariは、ウェブサイトによるデータトラッキング防止にも力をいれており、Big Surの新Safariからは、プライバシーレポート機能でトラッキングによりブロックされたサイトを確認することもできるようになります。

さぁ、気になる人はパスワードをなんとかしよう! 今日から!

あわせて読みたい