デジカメのWebカメラ化やライブ配信に必須なHDMIキャプチャーボードが最近の売れ筋

  • 11,746

  • Buy
  • author ヤマダユウス型
デジカメのWebカメラ化やライブ配信に必須なHDMIキャプチャーボードが最近の売れ筋
Image: Amazon

リモワ需要なのかな。

カメラメーカー各社からWebカメラ化ソフトが出まくってるこの頃ですが、クラシックな方法というのはひとつ持っておけばつぶしが効くものです。すなわち、HDMIキャプチャーボードデビューするにはベストな時期ともいえる。

そもそもキャプチャーボードって何かといいますと、PS4のようなゲーム機や、デジカメ・ビデオカメラのような撮影機材からの映像をPCに取り込むための装置。実機からゲーム配信をするにはかかせないアイテムですね。

200806iodatahdmi_02
Image: Amazon

キャプチャーボードには、ソフトウェアエンコード方式ハードウェアエンコード方式があります。前者はPC側でエンコードする(PCに負荷をかける、高スペック要求)かわりに低遅延で、後者はPCに負荷はかからないものの専用のキャプチャーソフトが必要。

で、このアイ・オー・データ機器のHDMIキャプチャーボードはソフトウェアエンコード方式としては定番モノのひとつ。デジカメを使ったライブ配信や、いろんなカメラをWebカメラ化するにはうってつけです。本体もコンパクト、ドライバも不要で、USBとHDMIを挿すだけのシンプル配線が使いやすい。

200806iodatahdmi_03
Image: Amazon

レビューによると、第8世代のIntel CPUあたりであればスペックは問題なさそう。「デジカメのWebカメラ化のついでに配信もやってみたい」という人にはいい選択肢かもしれません。

※価格など表示内容は、執筆時点のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon

    あわせて読みたい