おうち飲みが贅沢に! ウイスキーを味わい深くする木製タンブラーを使ってみた

  • 5,517

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author Junya Masuda
おうち飲みが贅沢に! ウイスキーを味わい深くする木製タンブラーを使ってみた
Photo: Junya Masuda

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載

国内の人気銘柄が軒並み販売休止になるなど、ウイスキー人気が続いていますよね。

そんなウイスキーを嗜むのにピッタリな「Oak Honey Whiskey Tumbler(オークハニーウイスキータンブラー)」が姉妹サイトmachi-yaにてクラウドファンディングを実施中。

筆者はウイスキーに造詣が深いワケではないですが、一点一点ハンドメイドである点や、ウッド素材の渋くてカッコいい外観に惹かれたので、お願いしてサンプルをお借りしました。

実際に飲み比べもしてみたので、その感想などをお届けします。

オーク材生まれのカップ

DSCF8343
Photo: Junya Masuda

本タンブラーの素材は、家具にも使われており、実は触れたことがある機会も多いホワイトオーク。

オーク材はウイスキーの熟成樽にも使われる素材なので、相性の良さが雰囲気からも伝わってきます

DSCF8351
Photo: Junya Masuda

底面はステンレス製。金属パーツが引き締められつつ、重心が低くなりグラスとしての安定感も高くなっている印象。

DSCF8353-2
Photo: Junya Masuda

底に向けて広がっている形状は、注がれたウイスキーの香りを楽しむのに最適なんだとか。

推察するに、飲み口に向かって狭くなるためカップ内に空気を留めやすく、香りが逃げにくいのではと思います。

実際にウイスキーを飲んでみた

DSCF8375
Photo: Junya Masuda

やはり、実際に飲んでみてどうか、が気になりますよね。低価格で楽しめるものと、少しだけ贅沢なシングルモルトウイスキーでトライしてみました。

DSCF8360
Photo: Junya Masuda

飲んでみて一番違うと感じたのはウイスキーの香りと風味。オーク材が発する香りがよりウイスキーを強調してくれ、ガラス製のグラスとは印象が変わりますね!

実際に大きく味が変化しているワケではありませんが、嗅覚が味覚に及ぼす影響は大きいので実際に美味しいと感じたのは気のせいじゃないのかも。

安くて手軽なウイスキーも、ちょっといいやつもそれぞれ1段階香りがグレードアップするのでリッチな気分にはなりますね!

お手入れ必須だけど愛着は湧く

DSCF8366
Photo: Junya Masuda

木製カップなので、水気との相性も気になりますが、ご覧のようにしっかり水を弾きます。これは、ワックスによる仕上げがしっかりなされているから

油分によるコーティングで、オークは空気から保護されつつ、適度な呼吸を行えるそうです。

DSCF8354
Photo: Junya Masuda

もちろんコーティングは時間とともに乾くので、定期的なお手入れはお忘れなく

付属のワックスを説明書の指示に従い、コットン製のクロスで塗り塗りしてメンテナンスしましょう。尚、クロスは付属しないので別途購入が必要でした。

DSCF8391
Photo: Junya Masuda

丁寧にワックスを塗布するうちに、なんだか愛着が湧いてきそう。

もちろん手間ではあるのですが、大切な道具はしっかりメンテナンスして長く使うなんて、なんだか素敵ですよね。育てるグラスなのかもしれません。



ウイスキーを嗜むのに最適化されたホワイトオーク製タンブラー「Oak Honey Whiskey Tumbler」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

執筆時点では数量限定の割引コースが8,900円(送料込)からオーダー可能となっていました。

ご自身での利用だけではなく、ウイスキー好きな方へのプレゼントとしても良いかもしれませんね! 気になる方は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>ホワイトオーク製の贅沢なウイスキータンブラーのオーダーはこちら

Source: machi-ya

    あわせて読みたい