マーベル本社の壁画として、ヒーロー35名が集結! 圧巻の制作過程を公開

  • 6,404

  • author James Whitbrook - io9
  • [原文]
  • 傭兵ペンギン
マーベル本社の壁画として、ヒーロー35名が集結! 圧巻の制作過程を公開
Image: Marvel Entertainment / YouTube

色褪せぬ魅力!

マーベルズ(マーヴルズ)』などで知られる人気アーティストのアレックス・ロスが、ニューヨークにあるマーベル・コミックスの本社の壁に貼られるアートを制作し、そのメイキング動画が公開されました。

Marvel Entertainment / YouTube

レイアウト等は壁のサイズが決まる前から始めていたため、最終的には予定の倍の幅のとなり、キャラクターを追加することになり、総勢35名ものキャラクターが並ぶことに。

スケッチの段階からして凄まじいクオリティ。各キャラクターはそれぞれ個別に描かれており、いずれ個別にポスターなどで商品展開ができるように作られているとのこと。

各キャラクターは、そのデザインの複雑さによってばらつきはあるものの約1日で描けるのだとか。アレックス・ロスの作品の中でも特にその美しさが際立つクロームだったりメタリックだったりするキャラクターはやっぱり時間がかかる様子。

またアレックス・ロスはヒーローのコスチュームが「全身タイツじゃん」とよく言われることに対して、これは「どんな素材であれ、人間の姿を最も純粋な形で描いたもの(中略)純粋な人間のイドのようなもの」という彼の解釈も披露。

アレックス・ロスはクラシックなデザインのキャラクターを描くイメージがありますが、彼は自分のキャリアを通じて時代を超越したバージョンを歓迎し、今回も各キャラクターの不朽の姿を描いたのだとか。

また、動画では参考写真を見ながら絵を描いているのがわかりますね。写実的なタッチなアレックス・ロスが、様々な参考写真を用意するのはファンには有名な話(それについて語ってるインタビューもあります)。

こうして完成した絵は拡大され、編集部の壁一面に貼られることに(これはこれで、なかなか難しそうな作業だ)。こうして並んでいるとかなりの迫力。一度でいいから実物を見てみたいですね!

    あわせて読みたい