いま、インテル入ってるMacを買うべき?

  • 25,480

いま、インテル入ってるMacを買うべき?
Photo: Alex Cranz/Gizmodo

いまIntel Macを買うべきか?とは、つまり、Appleチップ搭載Macを待つべきか?と同じ問い。

先日、しれっとアップデートされたiMac。もしかしたら、これが最後のIntelはいってるiMacになったりしてという思いがあります。ソッコーハンズオンレビューした米Gizmodoのベンチマークは上々、馬力十分です。手持ちのiMacがそろそろ限界かなと感じていた人は、このアップデートを見て「よし、買えかえるか!」と思ったはず。でも、すぐに「いや、待て待て」とも思ったはず。だって、もうちょっと待てばAppleチップ搭載のiMacが出るかもしれないから。

Intel iMacを買うべきか…?
AppleチップのiMacを待つべきか…?

今年のWWDCで大々的に発表されたApple Silicon(Appleチップ)。コレを搭載したMac端末は、今年後半から出荷予定となっています。が、一体どの端末・モデルに搭載されるか詳細はまだわからず。Appleシリコン搭載の初マシンとなるのは、iMacだという噂がある一方で、どうやら3月にアップデートされたばかりのMacBook ProとMacBook Airの方が可能性高いという声も。

何が出るかわからないし、んじゃ、買い替え急いでないならとりあえず待ちの姿勢だね、とは言えず。理由は、アップデートされたApple端末に搭載されているIntelチップが最新版のものだからです。ここ5年で初めて、Appleが最新Intelチップを搭載してアップデートしたのです。正直、通常Apple製品は1年以上前のIntelチップを搭載することがあり、となるとタイミングによっては数年前のチップが入った端末をフル価格で買うなんてこともあったわけです。が、今回のアップデートでは最新Intelチップがはいってますから。ある意味、いまがAppleマシンを買う最高のタイミングなわけです。

ARM Macを待つべきと言えない理由はもう1つ。それは、初代ってあれこれ問題ありがちというガジェットの鉄則(ある意味宿命)があるからです。大きなデザインチェンジがあった後は、落ち着くまで時間がかかる。個人的な話ですが、初代Retina Macはディスプレイ問題発生から死亡、初代Touch bar搭載MacBook Proは返品交換が3回発生しました。なので、身に染みてわかってます、初代は何かあるって。

もちろん、米国&日本編集部はARM Macでたら買いますよ。だって、触ってみたいから。AppleのコアファンもARM Mac待ちの姿勢一択でしょう。だって、年内にApple印チップが乗ったApple端末でるなら、よりリンゴ味の強いやつが欲しいから。ある意味、この手のアーリーアダプターは、企業にとってありがたい超リアルテスターと言えます。お金払って、各個人さまざまな環境で触っていじって、不具合をリアルに報告してくれるんですから。でも、一般ユーザーは違います。問題なくタスクをこなせるApple端末を求めているわけですから。アーリーアダプターのみなさんの存在があるからこそ、第2世代がぐっと改良され、そして一般ユーザーが手を出すのです。アーリーアダプターみなさまには感謝しかない!

Intel Macを買うべきか?
Apple Macを待つべきか?

答えは出ました。自らをアーリーアダプター&新しいもの好き&Appleコアファンと称すならば、(購入後Genius Barに行く確率高の覚悟で)待つべき。自分は一般ユーザーだと思うならば、最新IntelはいってるMac端末を買うのが吉。一般ユーザーなのにどうしてもApple Siliconがいいと言う人は、待ち時間をぐーんと長くしていっそ第2世代まで待つのが得策かと。

Apple Silicon 第2世代 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい