スペースXのロケットブースター、再利用記録を更新

  • author 塚本直樹
スペースXのロケットブースター、再利用記録を更新
Image: SpaceX/YouTube

ロケットもエコの時代。

SpaceX(スペースX)のファルコン9ロケットが、打ち上げとブースターの回収に成功しました。このミッションでは、ブースターの再利用回数が更新されています。

ファルコン9のブースターはペイロード(荷物)を宇宙に打ち上げるだけでなく、エンジン噴射によって地上やドローン船に降り立ち、さらに再使用することができます。これまで、ファルコン9のブースターは5回まで再使用された記録があります。

Video: SpaceX/YouTube

今回のミッションでは、衛星ブロードバンドことStarlink(スターリンク)などの打ち上げが実施されました。そしてこれまで5回再利用されたブースターがミッションにて採用され、6回目の再使用に成功したのです。

ちなみにサービス開始前のStarlinkにも動きがあり、ネット速度計測サービスのOoklaに複数の登録が発見されています。またウェブサイトのソースコードより、そのベータテストがワシントン州の田舎にてスタートすることも予測されています。

ブースターの回収により、ロケットの打ち上げコストの削減を目指すスペースX。いずれ、ブースターが10回20回と再利用される未来もすぐにやってきそうです。

Source: The Verge

    あわせて読みたい