スターバックスがコワーキングスペースに!「夢中になれる」ビジネス空間が銀座にオープン

  • 11,237

  • author R.Mitsubori
スターバックスがコワーキングスペースに!「夢中になれる」ビジネス空間が銀座にオープン
Photo: Starbucks

全国展開、希望します!

日本に1,500店舗を展開するスターバックスと、アイウェアブランド”JINS”が手がけるソロワーキングスペース”Think Lab”がコラボし、まったく新しいビジネス空間を提案します。

フリーランスやリモートワーカーにとってカフェは第2のプライベートオフィス。かくいう私も、ホワイトモカを片手に作業する時間は至福のひととき…。とはいえ、周囲のおしゃべりや視線が気になって集中できないことも。

7月30日、銀座にオープンした「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」は、ビジネス利用を意識した、クイックでスマートなカフェ体験快適なワーキングスペースが共存する、ビジネスパーソンにとって夢のような空間です。

CIRCLES銀座店フロア構成
Image: Starbucks

1階部分はスターバックスの特徴的なサービスを提供しつつ、キャッシュレスはもちろん、モバイル注文&ペイにも対応してくれるクイックカフェスタイル。事前決済を済ませたユーザ向けに受け取り用の専用カウンターも設置されています。

2階は「夢中になれる場所」をコンセプトに、予約可能なブース席や会議スペースを備えた”SMART LOUNGE™”仕事に集中できる快適なソロワーキングスペース”Think Lab”が共存する、まさに「仕事をするためのカフェ」仕様に。

スターバックスによるCo-Workエリアでは、テレビ電話などで人とつながることができる予約制の半個室型ブースを4席完備。

ブース席
Photo: Starbucks

窓際のテーブル席は、テーブルを組み合わせることで12人までのミーティングやディスカッションにも使用可能で、リラックスした空間で人とつながり、アイデアを共有しながら議論を交わして「創り上げる」スペースになっています。

ソファ席
Photo: Starbucks
窓際テーブル席
Photo: Starbucks

Think LabによるSolo-Workエリアは、集中力を測定できるメガネ型デバイス「JINS MEME」の研究成果を活用した、「自分の知を深める最高の集中体験」を実現するパーソナル空間に。

周囲の視線や動きを気にせずに過ごせるのはもちろん、植物や自然音、気温・湿度や照明、オリジナルアロマなど、ソロワークに必要とされる五感要素を科学することで、集中力を最大限高められる環境に。スマホアプリ”Think Lab”から15分単位で席を予約できるほか、開錠から決済までスムーズに一括管理できるので、煩わしさが一切ありません。

ThinkLabブース
Photo: Starbucks

一杯のコーヒーをとおして「自分の居場所」体験を提供し続けているスターバックスと、充実感のある仕事ができる「集中を科学」してきたThink Labが双方の強みやノウハウを生かした全く新しいワーキングカフェ。今後、さらなる店舗展開に期待したいですね!

Source: Starbucks

    あわせて読みたい