クルマはどう変わるのか。トヨタ自動車とアマゾンウェブサービスが業務提携拡大を発表

  • author R.Mitsubori
クルマはどう変わるのか。トヨタ自動車とアマゾンウェブサービスが業務提携拡大を発表
Image: トヨタ自動車

クルマってそんなことになってたんだ…。

トヨタ自動車は18日、Amazon傘下のAmazon Web Service(AWS)との業務提携を拡大すると発表しました。

トヨタは以前から独自のモビリティサービスプラットフォーム構築を推進しており、今後はAWSの持つ幅広いポートフォリオを活用し、「保有して使う」ための車から「ひとつの社会システム」としての車の進化をすすめていくことになります。

とはいえ、まずモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)とはなんぞや?となりますが、これはトヨタとトヨタコネクティッドが構築した、モビリティサービス向けのあらゆる機能を提供するオープンプラットフォームのこと。

toyota
Image: トヨタコネクティッド

MSPFは通信端末を搭載した、いわゆる「コネクティッドカー」から走行距離や道路状況、車内状況などのビッグデータを収集、保存します。蓄積されたデータは、将来的な車両の設計開発やカーシェアといったサービス、車両メンテナンスの事前通知、テレマティクス自動車保険(運転データを元に保険会社が個別に保険料を算出する保険)などにフィードバックされていきます

このシステムが本格稼働すれば、「この車種はカーブ時にハンドルがブレがち」や「下り坂でのスピード出しすぎによる事故が多い。もしかしてブレーキに問題が…?」といったことが統計的にわかるようになるでしょう。

他にも、自動車保険を更新する際など、MSPFに過去の事故歴や走行距離だけでなく、「運転が荒っぽい」とか「ブレーキのかけ方が遅い」といった情報が記録されることで、適切な危険予測をしたうえでパーソナライズされた保険に加入することができる、というわけです。

トヨタのChief Information & Security Officerで、Chief Production Officerの友山茂樹氏は

コネクティッドは、自動車ビジネスにおける開発、生産、販売、サービスの全てのプロセスに大きな進化をもたらしています。今回のAWSとの提携拡大により、ビッグデータ基盤を強化していくことは、CASE時代の大きな強みとなるでしょう

と話しています。

また、AWSのアンディ・ジャシーCEOも

高性能、高機能かつ高いセキュリティを持つAWSを利用することで、トヨタはグループ企業全体の改革を迅速に実現できます。お客さまが期待するレベルの体感品質を届けることで、トヨタは今後も自動車業界をリードし続けるでしょう

と期待を寄せています。

トヨタは、全車両のコネクティッド化を目指しているとのこと。自動車業界とクラウド業界のトップがタッグを強化したわけですから、「お車が近くまで帰還されたので、エアコンをつけて部屋を冷やしておきました」なんてカーナビがしゃべってくれる日も近いかもしれませんね。


Source: トヨタ自動車 via SlashGear

    あわせて読みたい