安さと古さを天秤にかけて…。今、Apple Watch Series 3は買いなのか?

  • 31,758

安さと古さを天秤にかけて…。今、Apple Watch Series 3は買いなのか?
Image: Apple

ガジェットは欲しい時が買い時です。それでもね、迷っちゃうの。

Apple Watch Series 3はいい端末です。Series 3でやっとApple Watchの高め設定な価格に見合うだけのモノができたという人もいます。リリースされたのは2017年の9月、約3年前。現在、その価格は199ドル(日本では1万9800円)まで下がっています。 が、最新モデルとなるSeries 6がこの秋にも出ようかという今、いくら安くなっているとはいえ数モデル前の端末を買う意味ってあるのかな? 迷いますよね。安さと古さを天秤にかけて、ありなの? なしなの?

ポイントは使う機能とOSのサポート年数

Series 3リリースの2017年以降、Apple Watchはもちろん毎年アップデートを重ねています。2018年のSeries 4では、ディスプレイがより大きく美しくなり、心電図機能が追加されました。2019年のSeries 5では、省エネディスプレイのLTPOが採用され、ディスプレイの常時表示になりました。さらに、watchOSのアップデートで新しい機能もいろいろと追加されてきました。進化を考えれば、Series 3はSeries 5が出たときにラインナップから外れても不思議ではないのですが、Appleは前モデルをある意味「安価端末」「エントリーレベル」の位置付けで残す作戦をとっています。個人的には、スマウォ使ってみたいけどどうなの?的な友人には、Series 3をオススメしてきました。ただ、今はちょっとオススメに迷いが生じています

WWDC 2020にて、watchOS 7の新機能があれこれ発表されました。ここで注目したいのは、これらの新機能の多くがSeries 3以降のモデルで対応ということ。watchOS 6は初代をのぞいた全てのモデル対応だったので、watchOS 7リリースでSeries 2は脱落するということ。Series 3はもっとも安くwatchOS 7を楽しむ手段です。が、ここで頭をよぎるのは、watchOS 8で脱落したら…ということ。安いと言っても1年で除外されてしまっては、お得とは思えません。ただ、モノは考えようで、Series 6の発表と同時にディスコン(Series 4はOS的にサポートは継続されているけれど、Series 5リリースでディスコンになった)される可能性もゼロとは言えないわけです。となれば最新OSを出来る限り安く楽しみたいという人は、Series 6が発表される前、つまり今Series 3を買うべきという見方もできます。ね、迷っちゃうよね。

Apple Watch Series 3は買いか否か。答えは人による。スマウォ初心者で「使ってはみたいけどなぁ、どうかなぁ、使い続けるかなぁ、どれほど使うかなぁ」という人には、Series 3は買いだということ。理由はその安さ。Series 3でコレは使う!と実感できたら、1年後もしくは2年後に最新モデルに買い換えるハードルも下がっているでしょう。一方で、すでにスマウォユーザー、Series 2またはそれ以降のモデルを使っていて「Apple Watchいい!」と実感のある人なら、安さに負けてSeries 3に買い換えるのはもったいない。そこはやっぱり、最新モデルであるSeries 6を待ちましょう。

watchOS 7がSeries 3でどこまで使えるか、実際やってみないとわかりません。それでも、なんとなくSeries 3をオススメするのは今年まで、秋までかなという気はしています。

Apple Watch Series 3 ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい