3カメラがフリップする「Zenfone 7」で最高の自撮りを目指せ

  • author 塚本直樹
3カメラがフリップする「Zenfone 7」で最高の自撮りを目指せ

へんたいよくできました

衝撃のフリップカメラ機構を採用した「ZenFone 6」の登場から1年、さらに変態っぷりをおしすすめたASUSのスマートフォン「ZenFone 7/7 Pro」が登場しました。

ZenFone 7 Proでは上画像のように、ボタンタップでなんと背面の3カメラが前面へとフリップ。これにより、6400万画素広角+1200万画素超広角+800万画素望遠カメラにて、自撮りや集合写真の撮影が楽しめるのです。また、ディスプレイにノッチやパンチホールがないのもいいですね。なお、フリップ機構は20万回の動作に耐えられるそうですよ。

ディスプレイは6.67インチで、90Hz駆動に対応。プロセッサはSnapdragon 865 Plus(7はSnapdragon 865)で、RAMは8GB/6GB、内蔵ストレージは256GB/128GB。5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、30Wの高速充電に対応しています。

5G通信には対応するものの、利用できるのはサブ6帯だけでミリ波には対応せず。本体にはイヤホンジャックは搭載されず、防水性能に関する説明もありません。まぁこのフリップ構造をみれば、防水への対応は難しそうです。

ZenFone 7/7 Proは台湾やヨーロッパで販売され、価格はZenFone 7が2万1990台湾ドル(約7万9000円)、ZenFone 7 Proが2万7990台湾ドル(約10万円)。自撮りのクオリティが重視される今だからこそ、このスマートフォンが活きる場面は多そうです。

Source: The Verge

    あわせて読みたい