145万円の自転車がびっくりするほど簡単に入手可能。そう、Zwiftならね

  • 9,156

  • author かみやまたくみ
145万円の自転車がびっくりするほど簡単に入手可能。そう、Zwiftならね
リアルだと145万円のこの自転車が… Image: Specialized

Sワがそんな簡単に手に入っちゃっていいんですか!

バーチャルサイクリングアプリ『Zwift』のアップデートで、ゲーム内ショップで購入可能な自転車としてSpecializedのS-Works Tarmac SL7が追加されました。さすがにリアルでもらえるーとかじゃなくてゲームの中の話なんですが、これはビビる。

スクリーンショット2020-08-0715.51.48
Image: Zwift


スクリーンショット2020-08-0721.11.59
Image: Zwift


Zwiftはこんな風に本物の自転車を屋内で漕いでトレーニングしたりオンラインレースを楽しんだりする一種のゲームアプリ。自転車がアバターの一部になっていて、好みのものを選んでセットします。で、そんなアバターとしてS-Works Tarmac SL7という自転車が選べるようになったのですが…

スクリーンショット2020-08-0713.39.39
ゲーム内ではプレイヤーレベル5になれば入手可能とのこと!
Image: Zwift

これはロトのつるぎやラグナロクが序盤の村の武器屋で売ってるようなもん。各自転車には空気抵抗や重量といったステータスがあって、ゲーム内での走行性能に影響するんですが、性能が非常に高く、最終装備になる水準。それがプレイしてれば無料でいくらでも稼げるゲーム内マネーと少しのレベル上げだけで入手できるようになっていて、バランスブレイカー気味という。

S-WorksはSpecializedの最上位モデルのみにつけられるブランド名で、S-Works Tarmac SL7のリアル価格は約145万円。リアルでの走行性能も最高峰なんですが、入手難度も最高。Zwiftにはほかにも人気メーカーの「憧れ枠」(PinarelloのDogmaシリーズとか)が実装されているのですが、多くは激しい稼ぎの果てに入手できるものであり、こんなにイージーには買えません。

ゲームを使ってリアルイベントでできなかったアピールをしてる?

S-Works Tarmac SL7が出たばっかりの新車なので、もしかするとZwiftを使ったPR戦略かも(公式なアナウンスはないので推測ですが)。Zwift内でS-Works Tarmac SL7関連のイベント/キャンペーンも開催する予定という状況できたアップデートなのもそう思いたくなる理由としてあります。

Zwiftは今すごく人気なんですが、その背景にはコロナ渦による外出自粛があります。外を走れなくなり、インドアサイクリングに癒やしを求めた自転車乗りがとても多かった。ユーザーが集まり、今もゲーム内イベントが活発に開催されています。

自転車のプロが行なうレースも多くがキャンセルや延期になりました。痛いのが自転車メーカー。自転車メーカーはプロの自転車選手に自社の新しいバイクを提供して、性能をアピールするのが通例なんですが、今年はその機会を丸々失っていた形。

最近、ファッションショーができなくなって『あつまれ!どうぶつの森』内で開催するなんてことがありましたが、それとよく似た状況かもしれません。関心を持ってくれそうなユーザーが多いZwiftがあったのは自転車メーカー的には渡りに船だったのかもしれないです。

バーチャルサイクリングという代償行為の上手な使い方

真意は闇の中ですが、個人的には強烈にS-Works Tarmac SL7が印象に残りました。ゲームの装備として強いのがうまいと思います。みんなぜったい入手するから、認知は爆上がりでしょう。

Zwiftというゲームは代償行為としての側面がもともと強いというのも、うまいなーという印象に拍車をかけます。自転車に乗りたいけど雨が降ってる(スリップしたりする危険もあって積極的に乗りたくはない)みたいなときにも自転車を楽しめるようにしてくれる存在なんですね。天気が良かったり、外出制限がなければ外を走る人が多いと思います。風を受けて広い空間を疾走できるリアルライドのほうが気持ちいいので。

だから、Zwiftで入手したから別にS-Works Tarmac SL7を実際に買う必要はねーわ、とはならない。ぼくもそうだしみんなそうだと思いますが、新しい、より性能のいい自転車を常に探しているはずです。新しいiPhoneを買っても来年のiPhoneがどんな性能なのか気になるのと心理的には完全に同じですね…。

このZwiftする人の心を手玉にとってる感! 最近、ゲーム内でライブをするといった「ゲームの新しい活用法」が模索されていますが、このアップデートもそうした取り組みのひとつに数えられるかもしれません。

Source: Zwift, Twitter (1, 2), Specialized

    あわせて読みたい