部屋は片付けなくても良い。ペットのうんこも避けるロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」

  • author 小暮ひさのり
部屋は片付けなくても良い。ペットのうんこも避けるロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」
Image: SB C&S株式会社

回避性能A++で賢いやつ。

ソフトバンクグループのSB C&S株式会社は、新型のロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」を発表しました。中国のBeijing Roborock Technology社製のロボット掃除機で、優れた物体認識力を持ったモデルとなります。

タイトルのうんこが気になると思うけど、ちょっとまってね! 順を追って説明しますね。

レーザーマッピング&2眼カメラで床の物体を認識

200908rok01
Image: SB C&S株式会社

まず、トップ画像からもわかるように、カメラは2眼構成。

従来機種のようにLDSレーザーマッピングでの精度の高いマッピング能力に加え、新たに加わった2眼カメラと独自のAIによって、人間の目のように物体を3次元的に捉えます。床に配置されているさまざまなモノを見極め、回避するようなお掃除ができるんです。つまり、床の物片付けなくてもOK。

また、物によってはその障害物が何なのか?も判断するのがスゴイところ。

現在判断できるモノは、履物、電源コード、ケーブル類、体重計、台座、塵取り、ペットのフンなど。これらを見つけると、素材に合わせて最適な回避行動を取ります。

たとえば、履物などは近い距離で、電源コードなどは遠い距離で、ペットのフンは10cmの距離を取って回避するみたいですよ。まさに、君子危うきに近寄らず。

200908rok02
Image: SB C&S株式会社

カメラは見守り機能も付いています。

外出中にアプリからロボットを操作してペットの様子を伺ったり、声をかけたりもOK。最初はペットの方も混乱しそうですが、これは良い機能ですね。ロボットなら好きな場所に動かせるし、赤外線補助ライトで夜間でも利用できます。夜中こっそり動かして寝顔チェックも…?

掃除エリアの指定もできる優秀なアプリ

200908zok00
Image: SB C&S株式会社

専用アプリも多機能で、作成されたマップを確認して、部屋ごとのお掃除や指定エリアだけの掃除、進入禁止エリア設定や、バーチャルウォールの設定、部屋が複数ある場合は掃除順を指定することもできちゃう

また、1階と2階など、間取りが異なる場合も、それぞれを記録して保存できるので、ロボットを移動させても、マップの作り直しの手間がありません。これは賢い。

また、「Roborock S6 MaxV」は水拭きも対応。水拭きエリア、水拭き嫌よエリアの設定もアプリからどうぞ。最近のロボット掃除機って、アプリほんと優秀だなぁ。

方言や執事ボイス、アニメキャラボイスへ変更可能

ひょっとしたらキラーコンテンツなのかもしれないのがこの機能。

日本独自の仕様として、ロボットの声を地域方言(6種4地域ー博多弁、関西弁、京都弁、津軽弁)や、執事ボイス、アニメっぽい女子キャラのボイスなどに変更できます(対応S6 MaxV、S6、S5 Max、S6 Plus)。

また、音声変更機能は公式SNSで、欲しいと思う声を募集するそうな。わー、なんか色々な意見が集まりそうですね…。

価格は87,780円。障害物回避やマッピング非対応のエントリーモデルも登場

200908zok01
Image: SB C&S株式会社

「Roborock S6 MaxV」の価格は87,780円(税込)で、ECサイトを中心に2020年9月11日より販売開始

また、LDSレーザーマッピング対応の「Roborock S5 Max」のホワイトバージョン(64,900円)、マッピングなしで基本機能を詰め込んだエントリーモデルの「Roborock E4」(32,280円)もそれぞれ登場します。

「Roborock S6 MaxV」は、SoftBank SELECTION オンラインショップ、+Style、Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場では、本日から予約開始。「Roborock S6 MaxV」を 5,000 円割引するキャンペーンも9月30日まで実施されるとのこと。

色々なロボット掃除機を見てきましたけど、ロボット掃除機がうんこ見分けるって、いよいよ極まってきた感がありますね…。でも助かることは確かです。

ペットのうんこハザードの記憶がある方は、ぜひ検討を。水拭きもできます。


Source: Roborock, SB C&S株式会社

    あわせて読みたい