水と油をはじく! 汚れることを知らないシャツシリーズが日本上陸

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author saori
水と油をはじく! 汚れることを知らないシャツシリーズが日本上陸
Image: NinJapan Agency

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

「Tシャツについた汚れが取れない…」こんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

食事中に醤油やケチャップが飛ぶのは避けたいですが、そもそも汚れないシャツを着ていたら気にする必要もないですよね。

姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディングを始めたばかりの汚れることを知らないシャツシリーズ、Protéger365(プロテジェ365)。日本に上陸したばかりのこのシャツは、水、油を弾く最強のシャツと言われています。どんな特長のあるシャツなのか、ポイントをご紹介します。

機能性が高いTシャツ

2FF9C402-3409-424E-AE42-E97941B92BE4
Image: NinJapan Agency

Protégerとはフランス語で「守る」という意味。水や油をはじくだけでなく、抗菌性や防臭性などの機能もあり、ストレッチ性も十分。

この時期、Tシャツ1枚で生活する人も多いと思いますが、今年は高温多湿の日が多かったので、洋服の機能性に着目した人も多いのではないでしょうか? アクティブに動く人、汗をかきやすい人、お気に入りの日常服を見つけられていない人は、Protéger365を検討してみてもいいかも知れません。

使われている素材は?

Tシャツとポロシャツでは使われている生地が異なります。Tシャツは、ポリエステル90%、スパンデックス10%。ポロシャツはポリエステル100%です。

ポリエステルが雨を弾いたり汚れを弾くのは想像しやすいですが、スパンデックスとはどんな生地でしょうか?

B7324A26-853C-4EB1-8384-CE4A635DF479
Image: NinJapan Agency

スパンデックスとは、伸縮性に優れた化学繊維のこと。ゴムよりも伸縮性があり、ストレッチ性のある洋服に使われています。スポーツウェアや水着などにも使われている繊維です。

Protéger365は、このポリエステルとスパンデックスを使うことで、撥水性やストレッチ性などの機能を両立し、着やすさを実現したTシャツなんです。

特別な手入れはいらない

9192A467-E059-4388-ABD0-42CBE28D89C0
Image: NinJapan Agency

防臭性もあるということで、2週間は洗濯は不要とのこと。ただ、毎日洗濯をしたい人が多いでしょう。そこで、手入れ方法を簡単にまとめてみました。

特別な手入れは一切不要。洗濯機で冷水を使って洗えばOK。ただ、柔軟剤は使用できません。ここだけは注意です。

Tシャツとポロシャツの2種類。サイズは男女別

5902ED0A-4936-481A-9619-93B92E4E1D2A
Image: NinJapan Agency

Tシャツは、長袖と半袖の2種類から選択可能。カラーは、グレー、グリーン、ネイビーの3色。サイズはS〜4Lまで選べます(男女でサイズが異なるので、購入前にmachi-yaをご確認ください)。

先着5名に限り、通常価格9,999円のところ、2,000円引きの7,999円(消費税・送料込み)で支援が可能です。

一方、ポロシャツは、半袖のみ。カラーはブラック、ネイビー、ライトグレーの3色展開です。サイズはS〜2Lまで。先着5名に限り、通常価格10,999円のところ、1,500円引きの9,499円 (消費税・送料込み)で支援が可能です。

お気に入りの日常着とやっと出会えるかもしれませんね!

>>水、油をはじく、汚れることを知らないシャツ、Protéger365シリーズ上陸。

Source: machi-ya

    あわせて読みたい