枕のニオイには専用ネットで丸洗い。型崩れさせず、そのまま干せる

  • ROOMIE
  • Buy
  • author Qurumu
枕のニオイには専用ネットで丸洗い。型崩れさせず、そのまま干せる
Image: Amazon.co.jp

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ROOMIEからの転載

みなさん、「自分の使ってる枕って、清潔なのかな……」と気になったことってないですか?

枕カバーと違い、枕本体は気軽に洗えないですよね。洗濯機で洗ったら型崩れしそうだし、干し方も難しそう。

とはいえ、カバーを洗うだけでは、不十分に思えます。ダニはもちろん、夏場は汗が枕本体にもしみ込んで、ニオイが気になります。

洗濯や水回りの便利グッズを企画・製造するダイヤコーポレーションの「洗って干せる枕ネット」は、枕本体をまるごと洗って、そのまま乾かせる便利な一品。清潔な枕で、熱帯夜を快適に乗り切りましょう。

ネットに入れて、洗濯機に放り込むだけ

Image: Amazon.co.jp

使い方は、まずはカバーを外した枕本体を「洗って干せる枕ネット」に入れて、ファスナーを閉じ、洗濯機に入れます。

あとは、洗濯機にお任せするだけ。

柔らかいポリエステル素材のネットなので、洗濯機で洗う際に生じる摩擦などから枕を適度に保護し、すりきれやケバ立ちを防いでくれるそう。

これなら、洗いたいと思ったときにすぐに洗濯できますね。

洗って干せる枕ネット」は、細かいところも考えて作られています。

ファスナーカバーがついており、洗濯機内でファスナーが開かないようにするだけでなく、一緒に洗った洗濯物がファスナーで傷つくのを防ぎます。

このほか、大きなファスナーなので開閉しやすく、枕を出し入れしやすそうですよ。

洗濯後、そのまま物干し竿で干せる

Image: Amazon.co.jp

しかも、ハンガーポケットが付属しているのがポイント。洗濯が終わったらハンガーをセットして、そのまま物干し竿に掛けて干せます。

洗う作業から干す作業へとシームレスにできるので、手間がかかりません。

また、中身がそば殻や羽毛など、洗濯できない枕の場合も、このネットに入れれば楽に天日干しできますよ。

姉妹品に、シャツ用やおしゃれ着用もあります

Image: Amazon.co.jp

対応するサイズは、横が約63cm、縦が約43cmの標準的なサイズの枕とのこと。念のため、購入前にお使いの枕を測ってみてください。

そして、洗濯機は2槽式と全自動洗濯機で利用できます。残念ながら、ドラム式は未対応なのでご注意ください。

洗って干せる枕ネット」があれば、枕本体を気軽に洗濯できて、毎日気持ちよく寝られそうです。睡眠の質もアップしそうですね。

ちなみに、洗濯物を型崩れさせず、そのまま干せるネットには、シャツ用おしゃれ着用といった姉妹品もあります。一緒に使うと洗濯が捗りそうですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい