Apple Watchのベルトがスマート生地になる? 特許から

  • 10,102

  • author そうこ
Apple Watchのベルトがスマート生地になる? 特許から
Image: Apple

特許はトッキョ。あくまで特許。でも期待しちゃうの。

先日の発表会でApple Watch Series 6が発表され、本体だけでなくバンド部分も一新。着脱がスムーズになった留め金のないソロループがベルトに加わりました。あれ、なんか高いなーと思いましたけど、近い未来、バンド自体の値段がもっとあがる可能性も。だって、Appleにはバンドをスマート化する構想があるようですから。

ベルトにセンサーを埋め込む特許

smatrband
Image: United States Patent Application via Patently Apple

特許を追うネタ元のPatently Appleが、布に電極を埋め込んだ電子ファブリックを使った未来のApple Watchに関するドキュメントを発見。電子パーツを編み込む、縫い込むことで、布地をスマート化するというアイディア。しかし、布の柔軟に曲がるという最大の特徴は電子パーツにとっては難点。チャレンジングなプロジェクトになるのは必至ですね。また、お洋服だとお洗濯問題があるので、まずはバッグや家具の布地部分からスタートするのが理想かと。てことで、Apple Watchのバンドは電子ファブリックを使ってみるのに最高の場所になりそう。アシスタント的役割だけでなく、ヘルストラッキング面での期待がますます高まるスマートウォッチなので、いっそバンドだけのプロダクトがあっても悪くないですし。

さて、スマートファブリックと聞けば、GoogleとLevi’sのデニムジャケットが頭をよぎりますが、あれは袖口にタグをつけるタイプのウェアラブルなので、布自体に電子を埋め込むのとはまた違う方向性。レビューでは実用的ではないという結果がでていましたが、もしかして電子ファブリックならまたそれも変わってくるかも。

Source: Patently Apple, Ubergizmo

    あわせて読みたい