小さな水筒・ポケトルの進化版を発見! 飲んだらクルクル折り畳める

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 編集部
小さな水筒・ポケトルの進化版を発見! 飲んだらクルクル折り畳める
Photo: 上松 まるこ

ROOMIEからの転載

ペットボトルや水筒などの水分を持ち歩くことが常である最近。

小さな水筒・ポケトルを愛用する人が周りに増え、わたしも購入しようかな~とAmazonサーフィンをしていたところ、シンプルな見た目が好みのミニボトルを発見!

これが、超実用的な機能性を兼ね備えているスグレモノだったんです。

手のひらサイズになる水筒

2
ワールドクリエイト 「ナノ シリコーン ボトル」 180ml

それは、ワールドクリエイトの「ナノ シリコーン ボトル」。

グッドデザイン賞も受賞しているデザインに、一目ぼれして購入したこちら。

3

中身を飲み終わったあとに折り畳めば、なんと手の平におさまるほどのコンパクトなサイズにできるのです!

4

容量は180mで、ちょうどコップ1杯分くらい。

朝は必ずコップ1杯分のお水やコーヒーから始めたい! という方も自宅で入れていけば、手軽に節約が叶いそう~。

何より、軽くて小さい!

5

大きさが15.5cmと小さいのはもちろん、シリコン素材だからか、とにかく軽いのです。

ボトルをいれていても、いれていなくても、中身が空なら正直ほとんど重さの差を感じない~。

持ち運びの負担がほとんどないのがうれしいです。

凍らせて保冷剤として!

6

耐熱温度は140度、耐冷温度はマイナス30度の「シリコンボトルナノ」

この季節だと、ボトルごと凍らせて保冷剤として使うのもおすすめです。

お弁当の保冷剤にしながら会社に持っていき、ランチ時に中身を飲み、帰りは折りたたんで持って帰るのが最近の定番。

7

日差しの強い日には、首にあてて熱冷ましをすることも。

これがなかなか良い冷たさなんです。

結露しやすいので、その点は注意

凍らせると結露しやすいので、カバンに入れる時は一緒に入れているものが濡れないように、ハンカチなどで覆って入れた方が良さそうです。

無印良品の給水サービスにもぴったり

8

最近始まった、無印良品の給水サービスにも◎。

マイボトルを持っていけば誰でも水を入れることができる無印の給水機で、180mlを選択すると、ボトル1杯分をちょうど入れることができます。

買い物途中などにも、気兼ねなく水分補給をすることができそうです。

身軽なまま、マイボトル生活を始めよう

9

ちょっとしたお出かけや、服薬など、コップ1杯分の水分が欲しい……というシーンは意外とあるもの。

特に日差しの強い最近は、ちょっとしたお出かけや散歩などでもこまめな水分補給が必要です。持ち運びにストレスのないこのシリコンボトルだと気軽に使えて、大活躍してくれそう。

なるべく身軽に、マイボトルを暮らしに取り入れたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

※価格など表示内容は、執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Text, Photo: 上松 まるこ

    あわせて読みたい