Photoshopで、空を置き換えられるようになるらしいですよ

  • 6,239

  • author ヤマダユウス型
Photoshopで、空を置き換えられるようになるらしいですよ
Image: Ton Anurak / Shutterstock.com

雲待ちが過去の文化になる?

2020年10月21日(水)からはオンラインでのAdobe MAXが始まります。毎年恒例、時代を置き去りにしていくAdobeの新技術のお披露目会。今年はどんな「これ魔法じゃん」が飛び出すのやら。

イベントに先立って、AdobeがPhotoshopに搭載予定の新機能を紹介しています。その名も「Sky Replacement」。空の置き換えです。

編集から「Sky Replacement」を選択。ダイアログと空の写真が表示され、写真を選択すると雲ひとつなかった青空が一気に夕焼け空に。雲の写真を変更するたび、一発で空が置き換わっています。写真はプリセット以外に自分で追加することも可能で、フォルダ管理も可能。

また、ダイアログのスライダーを動かすと雲の色温度やフェード具合、輝度、サイズ、位置の調整が可能に。おそろしいのは、空の色味によって前景部分の色も変化している点です。青空であれば青い照明に、夕暮れの黄色い空であれば黄色の照明に照らされているように、前景の色が空と一致するよう自動調整されています。

いわく、Photoshopは前景と空の違いを理解していて、Adobe Senseiを使用した機械学習モデルが面倒なマスキングを代わりにやってくれているとのこと。すべての作業はレイヤーマスクで行なわれ、オリジナルの画像を維持したままエディットしてくれます。このレイヤーマスクを拝借すれば、人物と空の間にテキストを挿入するのも簡単にできそう。

思えば、不動産物件の冊子を作っていた前職時代、ビルの背景の曇り空を青空にするため幾度となく切り抜き作業をしていたものです。それがワンボタンでできるようになるなんて…。Adobe Sensei、おそろしや。

Source: YouTube via デジカメ Watch

    あわせて読みたい