もう紐で耳が痛くならない。粘着テープで顔に貼り付ける透明マスク

  • 7,934

  • author 岡本玄介
もう紐で耳が痛くならない。粘着テープで顔に貼り付ける透明マスク
Image: KICKSTARTER

やたら頬骨が高く見えますが…。

N95マスクが品薄で、あったとしても医療現場に回されるアメリカにて、抜本的な代替品として世界初の接着式&透明なN95型マスク「SEEUS95」が開発されました。

これでもう、耳の痛みとはオサラバです。

Video: SEEUS95/YouTube

ちなみにこの動画のマスクは、金色の装飾ステッカーを貼って個性を出しています。そんなカスタマイズができるのも魅力のひとつのようです。

持続可能な天然素材製

このマスクの材料には、すべて天然の素材が使われています。まずマスクは皮膚の治療に有効なキトサンをバイオポリマーとして使用しています。次に、両頬に仕込まれたフィルターには、空気中の湿気を吸収し抗菌性を持つ、静電気でウイルスを引きつけるシルク繊維、そして抗菌性を持つナノ銀活性炭を採用しているので、機能面もバッチリ。

曇りやすい構造なのは分かっているため、内側には曇り止めのコーティングが施されており、使用前にアルコールで拭いておくとより曇りにくくなるのだとか。

200902_seeus953_2.jpg
Image: KICKSTARTER

ちなみにフィルターの位置も大事で、保菌者の飛沫が真正面から来ても被害がなく、透明マスク内側の両サイドからエラに向かって空気の往来が発生する角度なのです。

粘着シリコンで隙間がなくなる

マスクの紐で耳にかけると痛くなるだけでなく、外したとき頬に跡が残りますよね。でも顔にペタっと貼り付けるタイプなら、そのいずれの問題も起こりません。そしてキトサン配合の粘着シリコンがマスクの内側を一周して肌にくっつくことで、パッキンの役割りを果たし隙間を許さないのが最大のメリットです。

こちらの動画は、その粘着素材のデモとなっています。

Video: SEEUS95/YouTube

また透明なので表情がわかり、聴覚障害者にとって口の動きを読めるのも、布製マスクの難点を克服しています。

Kickstarterでクラウド・ファンディング中

「SEEUS95」は超早期便なら、定価の59ドルから34%オフの39ドル(約4,120円)で出資できるようになっています。執筆時はあと25個で限定800個に達する、というほどの人気っぷり。次のプランであるふたつセット78ドル(約8,240円)のプランも、815人が出資していました。


たとえば飲食店、隙間がガバガバのフェイス・シールドを装着している従業員を多く見かけます。他にも表情を見せたい、テレビの現場にもこういうマスクが良いかもしれませんね。

Source: YouTube (1, 2), KICKSTARTER via designboom

    あわせて読みたい