速そうというか強そう。ウルトラマンデザインのeバイク

  • 10,709

  • author 武者良太
速そうというか強そう。ウルトラマンデザインのeバイク
Image: Superstrata Bike

赤と銀と黒のコントラストがマジ強そう。

先日お伝えした「1日経たずに1億円突破。ユーザーの体型ピッタリのカーボンフレームを3Dプリント「Superstrata Bike」」のスポーツサイクル&電動アシスト自転車「Superstrata Bike」。気がついたら支援額が6億円を超えていてマジ尋常じゃない。大人気すぎます。

シートチューブがない、ケーブルの露出も最低限、ライトやバッテリーもまったく目立ずにインストールしているフレームは、ユーザーの体型・乗り方漕ぎ方に合わせてのオーダー3Dプリント。この新しさカッコよさに世界がどよめいたのでしょう。

そんなSuperstrata Bikeのカラバリが増えました。

200907_ultrabike_2.jpg
Image: Superstrata Bike


200907_ultrabike_3.jpg
Image: Superstrata Bike

基本カラーのブラック/モス/インディゴ/ライム/フロスト/ストーン/ファイアのほかに、+249ドルでド派手で美しいレッドとブルーグリーンのプレミアムカラー2色を追加。

200907_ultrabike_4.jpg
Image: Superstrata Bike

さらに+299ドルで、初代ウルトラマンを彷彿とさせる赤✕シルバーのツートンフレームが選べます。

200907_ultrabike_5.jpg
Image: Superstrata Bike

シートチューブがないことで、クラウチングスタートの姿勢のようにも見えてくるSuperstrata Bike。メタリックだけどマットな輝きの塗装がマッチョさをさらに高めているかのよう。

200907_ultrabike_6 .jpg
Image: Superstrata Bike

現在の価格は電動アシストのSuperstrata E1,999ドル(約21万円)、人力仕様のSuperstrata Cが1,499ドル(約16万円)。前回の記事のときより200ドルアップしていますね。これはクラウドファンディングのビジネス上、仕方ないといえますが、いままでにポチった方なら追加カラーをもっぺんポチってもいいかも。

Source: Indiegogo , Superstrata

SUPERSTRATA ほしい?

  • 0
  • 0
SUPERSTRATA

シェアする

    あわせて読みたい