手のひらサイズの小さなレザー財布「One」を使ってみた!

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author saori
手のひらサイズの小さなレザー財布「One」を使ってみた!
Photo: 島津健吾

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

1,200人以上から1300万円以上の支援を集めた薄くて小さいお財布「One」。クラウドファンディングは大成功で幕を閉じましたが、根強い要望から再度プロジェクトをスタート。

現時点で100万円に届く勢いで、支援が伸びています。改めて人気の高さが垣間見えることになりましたが、一体何が魅力なのか?

今回は、実物をレンタルして使ってみることにしました!

インドのレザーを使った手に馴染む財布

EDA13AAE-9818-4E03-A513-0C445763EEF5
Photo: 島津健吾

インドの老舗レザーメーカーで調達から仕上げまで行っている「One」。最高級プルアップレザーを使用し、ベジタブルタンニンなめし、アニリン仕上げを施したこだわりのお財布です。表面には艶があり、使い込んでいくと経年劣化を楽しめるのも魅力の1つで、サイズは、縦89mm、横92mm、薄さ10mmと文字通り「小さく、薄い」

スーツやジャケットのポケットにもすんなりと入る薄さは、心地よさすら覚えます。

47908A85-8B1A-481C-9E07-D3FC5BFEEE94
Photo: 島津健吾

最大の特長は、小さなお財布の弱点ともいえる小銭スペースに施した独創的な「タンCap構造」。

小銭出し入れが楽になり、小さなお財布特有のお金の出しづらさを克服していました。

具体的にいうと、先端のぺろっと舌のように出ている部分。ここが、「タンCap構造」の肝。

8EC81B88-7D18-4ED4-9100-C67E09C30538
Photo: 島津健吾

お財布の口に出し入れが簡単、一方、小銭がこぼれ落ちることもない斬新な作りになっています。

よくある、ジッパーやボタンではなく、使いやすさを求めた結果、独自の解決法に至ったのでしょう。小さなお財布が苦手な人にも、「タンCap構造」だけでも触ってみてもらいたいなと思います! ちなみに、2,000円分ほど小銭を収納できるとのこと。10〜20枚ほどの量になります。

お札もカードも入る。薄さを求める人への万能薬

AA63FB79-C7D5-4DDF-8755-376A33049FD9
Photo: 島津健吾

薄さを追求しても、カードやお札の収納はそのまま。必要最低限の現金やカードを持って出かけたい人にとって、これほど嬉しいことはありません。カードは最大5枚ほど入りますが、薄さ重視の人はそれほど入れる必要はないでしょう。

756B5410-522C-4DEF-88CD-39E5A84E8047
Photo: 島津健吾

また、「One」の表面には、このようにカードを入れる隙間もあります。Suicaといった交通ICカードを入れておくにはぴったりの場所です。初めて薄いお財布を手にする人も、特に違和感なく使い始められるでしょう。

カラバリが豊富! 6色展開

B51F37FB-3FB8-41D8-B64F-79EC78F58D0F
Image: Age Tachi Masahiro

今回のリターンは、全部で6種類。すべてのお財布が、2色の組み合わせです。machi-ya限定で、一般販売予定価格12,100(税、送料込)のところ、100名限定で10,527円(消費税、送料込み)で支援が可能。長期間かけて形状変化を楽しみたい人に、ぜひ使っていただきたいです!

>>延長決定!「薄い、小さい」のその先へ!第3世代インドレザー財布【One】

Source: machi-ya

    あわせて読みたい