収納しやすいと噂の専用ポーチがついたバックパックの実力とは?

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author saori
収納しやすいと噂の専用ポーチがついたバックパックの実力とは?
Photo: 島津健吾

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

大は小を兼ねるという言葉通り、バックパックにも同じことが言えます。出勤、出張、旅行まで1つのバックパックで完結できるなら、これほどいいことはありません。

その一方、容量が大きくなればなるほど、整理整頓の問題が出てきます。無闇に荷物を詰め過ぎると、バックパックの中は収集がつかない状態に…。出張や旅行では、経験あるのではないでしょうか?

そこでmachi-yaに登場したのが、6種の収納ポーチで携帯品を整理しやすいという「インスティンクト・バックパック」。ガジェットやアメニティなどの専用ポーチがあることで、直感的にものを取り出せるようになったのです!

今回は、実際に使ってみてわかったことをご紹介していきます。

バックパックとボストンバッグライクに使える

3124D81B-C5F7-48C1-BFC5-EB5D10726AB8
Photo: 島津健吾

「インスティンクト・バックパック」は、17.5インチまでのラップトップと10.5インチまでのタブレットが収納できるポケットを備えた、ビジネスから旅行まで幅広いシーンで使えるバックパック。

個人的に一番推したい部分は、ショルダーを隠せるという機能。2 Wayや 3 Wayで使えるバックパックは数多くありますが、完全にショルダーを隠せるものはあまり多くありません。

AF2431D0-C70F-48C8-84CF-26B17936B9A7
Photo: 島津健吾

その様子は、まるでボストンバッグのよう。出張や旅行など荷物を多く持ち歩くシーンで、活躍すること間違いなし。

5C99D2E8-635F-423E-8A87-6891C4D079D2
Photo: 島津健吾

サイズが大きいので、雨の日はちょっと心配。そう思ったのですが、止水ジッパーや撥水性の高い生地を使っているので、ちょっとの雨なら大丈夫そう。スコールのような雨が突然降ってきても、パソコンや洋服は守ってくれるでしょう!

6つの専用ポーチが優秀。でも、きれいに収納できる?

E164C59D-2127-4524-8FDC-27F84A181680
Photo: 島津健吾

「インスティンクト・バックパック」には、以下の6つのポーチがついています。出張や旅行用途に便利なアメニティ収納ポーチや衣類収納ポーチから、普段の仕事で使えるガジェット収納ポーチやカメラ収納ポーチも用意されています。

・アメニティ収納ポーチ

・衣類収納ポーチ

・ワイシャツ収納ポーチ

・パスポートケース

・ガジェット収納ポーチ

・カメラ収納ポーチ

それぞれの特長については、以下の記事でまとめています。

6種の収納ポーチと組み合わせて使う「Instinct Backpack」がキャンペーン開始

整理整頓が苦手な人でもこれさえあれば大丈夫と思えるバックパックが、machi-yaのクラウドファンディングに登場しました。「 Instinct Ba...

https://www.lifehacker.jp/2020/10/220661-machi-ya-instinct-backpack-start.html

こうしたポーチがあるのは非常に便利なのですが、無印や100均でも購入できるのも事実。では、なぜバックパックとセットで購入したほうがいいのか? その疑問を解決したいと思います。

ポーチが「専用」であるべき理由

E2F9F250-D2A0-45A3-828D-0A7504E08176
Photo: 島津健吾

「専用ポーチ」と言っているのには、理由があります。実はこのバックパックの内側は、マジックテープがくっつく布が貼られています。

C3F69AA2-2103-4075-90FC-44A3EDE2C512
Photo: 島津健吾

そして、すべてのポーチの裏側には、マジックテープが。もうお分かりだと思いますが、バックパックの中でポーチが移動しないように、マジックテープで固定できるのです。

CBED4656-AE4D-48EE-A62C-C23ADAF0C194
Photo: 島津健吾
固定した様子

常にすべてのポーチを持ち運ぶわけでないと考えると、スペースが空いて動いてしまいます。洋服類は大丈夫かもしれませんが、化粧品や洗剤などを入れておくアメニティ収納ポーチはできるだけ激しく動かしたくないところ。

BA098D09-875C-429F-8F91-6DE8DA0F369E
Photo: 島津健吾

6つのポーチをすべて収納した様子がこちら。若干スペースがあいているので、ポーチに入らないものも、隙間に収納することができます。また、スーツケースのように、180度蓋が開くので、出し入れも簡単。容量が大きいからこそ、こうした整理整頓や収納性の高さは大事だなと思いました!


「Instinct Backpack」本体は、通常価格12,800円のところ53.1%OFFの9,900円(消費税・送料込み)で支援が可能。6つのポーチは個別に支援できるため、必要なものだけ選択できるようになっています。

ここでは紹介しきれなかった特長も数多くありますので、詳細はプロジェクトページでご確認ください。

>>6種の収納ポーチで携帯品を直感的に収納できる「インスティンクト・バックパック」

Source: machi-ya

    あわせて読みたい