ウェルカムトゥ未来。Adobe Maxで発表された恐るべき新機能まとめ

  • 12,686

  • author ヤマダユウス型
ウェルカムトゥ未来。Adobe Maxで発表された恐るべき新機能まとめ
Image: Adobe

もはやクリエイティブはAIと共に。

さぁ、ありとあらゆるコンテンツの可能性が広がる知識と技術祭典、Adobe MAX 2020が今年も開催中です。今年は2020年10月20日(火)〜22日(木)の期間、オンラインにて視聴するかたちになりました。

コンテンツの大渋滞ってくらい面白いネタが飛び交うAdobe MAX。の中でもホッテストなネタといえば、先んじて紹介された「空の置き換え」のような、ツール類のアップデートでしょう。やはり近年のアプデはAIや機械学習の活用がすんごい。

公式サイトにて簡潔に紹介されていますが、改めて各アップデートを見ていきましょう。長文記事になると思いますが、それだけ技術てんこ盛り盛りアドビ盛りなのです。

Photoshopの新機能

人の顔の向きすら変える「ニューラルフィルター」

フィルターの項目に「ニューラルフィルター」が追加。実装第1段として「肌をスムーズに」と「スタイルの適用」の2種類リリースされ、さらにベータ版のフィルターが6種類実装されます。近日リリース予定のフィルターも表示されますが、使用可能なのはリリース済み&ベータのみ。詳細はこちら

「肌をスムーズに」と「スタイルの適用」は、写真のレタッチやアーティスティックな表現に役立ってくれる、実用的な機能です。ベータ版のフィルターはまだ改善途中の機能ですが、一例として「スマートポートレート」が紹介されています。

201021adobemax_02

人物の年齢、表情、視線、ポーズ、カラーなどを調整できるという、やべぇ機能です。照明の向きを変えたり、髪の色なども変更可能で、AIの画像解析力の恐ろしさを体感できるはず。ディープフェイクにご注意だ…!

201021adobemax_03

同じくベータ版フィルターのひとつ「カラー化」による、モノクロ写真の着色化の例です。個人でも簡単に白黒写真をカラーにできるようになりますね。この他にも「JPEGのノイズを除去」「スーパーズーム」「深度に応じたかすみ」などが提供されています。

夕焼けを朝焼けに。「空の置き換え」

Video: Adobe Photoshop/YouTube

スライダーを動かすだけで、曇天を晴天に、昼を夜に、現実をファンタジーに変えてしまう、これもやべぇ機能です。専門家が手掛けたプリセットが用意されていて、適用するだけで自分の写真をまったく違うイメージに帰ることが可能。詳細はこちら

これも非常に実用的な機能で、どうしても曇天でしか撮影できなかった写真を、簡単に青空で撮影したように見せることができます。天気が悪いといって諦めていた撮影の数々を、カバーできる可能性がありますね。

秒で切り抜き「インテリジェントな境界線調整」

Sensei AIに基づく「被写体の選択」や「オブジェクトの選択」といった切り抜き機能が、さらに進化。選択とマスク内に、新しい項目「髪の毛を調整」と「オブジェクトに応じた境界線調整モード」が追加されました。

201021adobemax_04

「髪の毛を調整」では、切り抜き選択された人物の髪の毛部分の精緻具合が調整可能に。いままで境界線調整ブラシでゴシゴシしていた作業が、スライダーになった感じです。なびく髪やクロマキー漏れの切り抜きがはかどってしまう。

「オブジェクトに応じた境界線調整モード」は、人物と背景の判別が難しい場合に有効。サバンナに溶け込むライオンのたてがみのような難しい境目も、「オブジェクトに応じた境界線調整」ブラシをストロークすることで正確に選択範囲をとってくれます。

「もっと知る」パネルで、さらに効率化を

もっと知る」パネルが追加されました。検索機能やチュートリアルが充実し、さらにユーザーの好みや作品の傾向に基づいたレコメンドを提示してくれます。例えば背景除去→モノクロ化→画像補正など、頻繁に行うワークフローがある場合は、これをワンクリックで行える「クイックアクション」をパッケージ化して提供してくれます。アクションの提案、ですね。

Photoshopだけではありませんが、AIネタが増えたことでクラシックな使い方だけではソフトを十分に活かしきれなくなってきました。そんな時に、何か新しい機能やイマジネーションの刺激として、「もっと知る」パネルをチェックしてみるのも良いかもしれません。

見やすい&作りやすい。「パターンプレビュー」

Photoshopでパターンを作成する場合は、適切な位置にパターンを配置してリピート位置をズレないようにする必要がありましたよね。「パターンプレビュー」では正方形は必須ではなく、しかもリアルタイムにパターンの結果を確認できます。詳細はこちら

201021adobemax_05

パターンプレビューを有効→図形や要素をカンバスのグリッド内に追加→カンバス全体にパターが適用され、パターンの完成形が目視できる、というものです。柄モノを作るスピードも早くなるし、パターンを作る面倒さもなくなる神機能なのでは?

直感的な操作が可能な「ライブシェイプ」

シェイプとシェイプツールに関するアップデート。三角形を作るツールが追加され、新しく表示されるようになったコントロールをいじることで、より直感的な図形操作が可能になります。シェイプ嫌いな人もこれにはニッコリ。

意外となかった「スマートオブジェクトのリセット」

プロパティパネルに、新しく「リセット」が追加されました。回転や変形、ワープが適用されたスマートオブジェクトを選択すると「リセット」ボタンが現れ、押すと元の形状に戻ります。

プラグインがさらに見やすく、使いやすく

プラグインの検索や管理の方法が大きく変わります。Creative Cloudデスクトップアプリでのプラグイン検索、おすすめプラグインの表示、そして「プラグインローンチパッド」による作業中でのプラグインを検索が可能に。

これに伴い、パッケージ形式「UXP」が新しく定義されました。先駆けとして、厳選された人気上位のPhotoshopプラグインのうちいくつかがUXPとして、マーケットプレイス経由で提供されるとのこと。ブラウザではなくCC内でのプラグイン漁りが定着しそうです。

クラウドドキュメントの「バージョン履歴」サポート

過去バージョンのクラウドドキュメントに対して、表示や保存といったタスクが可能になりました。また、クラウドドキュメントのオフライン利用や、同期状況、データ量、ストレージ使用率が確認できるようになりました。さらに、Illustratorのクラウドドキュメントの中に、Photoshopのクラウドドキュメントを埋め込めるようになりました。これはわりと便利かも?

増えすぎ問題を解決する「プリセット検索」

201021adobemax_06

ブラシ、スウォッチ、グラデーション、スタイル、パターン、シェイプパネル内に、検索ボックスが追加。引き出しの奥底にしまいこんだプリセットを見つけやすくなりました。フォルダ名に符号を入れておくと検索しやすくなりますね。

Photoshop iPad版の新機能

よ う や く か。「画像サイズの編集」

PSDファイルの寸法、画像解像度、再サンプル方法(オリジナルと同じ、バイキュービック、アップスケールなど)が変更可能になり、出力サイズの変換ができるようになりました。フォトショでは基本的な機能ですな。

作業工程の記録が捗る「ライブストリーミング」

201021adobemax_07

10月21日にリリースされたiPad版Illustratorではリリース時に実装されていた機能で、画面右上のメニューからライブストリームが可能になりました。描画の様子を記録するとともに、フロントカメラでビデオチャットも可能。配信はAdobe Behance内に送信されます。

Illustratorの新機能

来たれ、インスピレーション!「オブジェクトを再配色」が進化

201021adobemax_08

Illustratorでは選択したオブジェクトのカラーを変更する「オブジェクトの再配色」機能がありますが、アレがもっと強化されました。カラーホイールや事前に定義したカラーライブラリを参照し、よりスキームに沿ったカラーの定義が可能になります。詳細はこちら

201021adobemax_09

カラーテーマピッカーを使えば、選択した画像や選択範囲からカラーを抽出することも。上のgifのように、抽出元の色のバランスをそのまま適用することができます。これは素敵な機能ですよねー。「目立つカラー」セクションを調整すれば色の偏りの変更も可能です。

クラウドドキュメントの強化機能

上述した、PhotoshopのクラウドドキュメントへのIllustratorドキュメント埋め込み対応の話です。同様に以前のクラウドドキュメントのバージョン復帰や、オフラインでのドキュメント編集も可能になりました。

スマートグリフのスナップ

201021adobemax_10

表示メニュー内に「グリフにスナップ」が新しく追加されます。動作としては上のアニメーションの通りで、グリフ(個々の文字)に応じた位置にオブジェクトをピタっとスナップできるようになります。選択した個別の文字へのスナップも可能で、垂直水平以外にも斜めの線の延長線に食いつかせることも。詳細はこちら

テキストの整列が多様化

テキストフレーム内でのテキストの垂直整列、フォント高さ(仮想ボディではない平均字面に対しての高さの基準)の変更、テキストオブジェクト内でのグリフの整列などが新たに追加。グリフの整列は、今までベースラインシフトで行っていた高さの個別対応をしなくて済む可能性がありますね。記号などの微調整はいるかもですけど。

カンバス領域の上限が100倍アップ

校庭一面にデザインする可能性だって、ないわけではありません。カンバス領域の上限がアップし、最大500万平方インチ(3,225.8平方メートル)まで使えるようになりました。ガイドの長さも伸びますな。

リアルタイムのドローイングと編集を実現するライブプレビュー

環境設定内に「リアルタイムのドローイングと編集」が追加。オブジェクトを拡大・縮小すると、今までアウトラインだけ見えていたのが、グラフィックそのものが見えるようになります。視覚的にわかりやすくなりましたが、GPUへの負荷も増したのでONにする場合はマシンスペックと要相談。

アートボードのカット&ペースト

他のドキュメントから、アートボードの丸ごとコピペが可能に。さらに「.artboard」として、個別保存も可能になりました。よく使う過去データを開いてオブジェクトをコピーしにいく手間が省けるかもしれません。

アートボード上で直接オブジェクトのロックを解除

ロックの解除は個別にはできない。そんな時代はもう終わりです。これからはオブジェクトを右クリックすると、ロックとロック解除が可能になります。ロックされたオブジェクトにはカギのアイコンが表示され、右クリックだけで解除が可能。⌘+Alt+2を使う機会が減りそう。

iPad版Illustratorのリリース

201021adobemax_11

ハンズオンしてるので、そちらの記事を参考にしていただければ。PCの機能がママ使えるわけではないけど、軽快な動作はかなり直感的で、PCに向かってマウスを動かす時とはまた違う感覚でデザイン計画を練れますね。

Adobe Frescoの新機能

レッツ・手のひらお絵かき。iPhone版Frescoが登場!

201021adobemax_12

ちっちゃ〜い! iPad版とはUIが変わりましたが基本機能は同じで、さらにiPad版とのデータ連携が可能です。「Procreate Pocket」みたいな感覚で手軽に使えそうですね。詳細はこちら

指先一つで無限の表現「指先ブラシ」

201021adobemax_13

指先ツールを使用して「指先ブラシ」を作成し、自然で繊細なブレンド表現が可能に。例えば2色をかけ合わせて、その境界を指先ぶらしでぼかす、といった感じ。

可能性を秘めた「リボンブラシ」

201021adobemax_25

数珠つなぎのようなオブジェクトを簡単に描画できる「リボンブラシ」が実装。写真をベクターデータに変換するアプリ「Adobe Capture」を使えば、Adobe Captureで撮影→Frescoでリボンブラシ作成と、ものの数秒で作成可能です。

筆圧曲線の調整

スタイラスペンの筆圧カーブの設定が可能になりました。設定にて「スタイラスペンの筆圧を調整」から、タブレットでおなじみの筆圧曲線の設定が可能に。

デスクトップ版Illustratorとの連携

Fresco内で作成したアートワークを、共有アイコンからデスクトップ版Illustratorに一発送信できるようになりました。手書き感のあるデザインをイラレ上で用いたい時にピッタリ。

ライブストリームビデオの圧縮品質向上

201021adobemax_14

タイムラプス設定内では、品質(低、中、高)や寸法(1920x1080、2048x2048、4096x4096)が設定可能です。配信前には目的に応じた解像度をチョイスしておきましょう。

ライブストリーミングとのリアルタイムのコンテンツインタラクション

これも配信に関するアップデート。配信時に、Behance内で直接ライブ視聴者とやりとりできるようになりました。共同作業の確認に便利。

フォントとテキストが使用可能に

201021adobemax_15

スケッチアプリという位置づけ上、Frescoはテキスト入力に非対応でした。が、今回ついに対応。一通りの編集機能は揃っているので、手書き感にプラスしてデジタルな要素が出せるようになったはず。

レイヤーの複数選択

レイヤーの詳細オプションに「複数選択」が追加。レイヤーグループを作らずとも、複数のレイヤーを選択、複製、移動、統合、変形できます。

アプリ内バージョン管理を使用した以前のバージョンへの復帰

オンラインorオフラインに関係なく、ドキュメントを以前のバージョンに戻すことができます。以前のバージョンを再編集する場合は、念の為バックアップを取っておくと良いかも。

アプリ内コメント機能による共同作業の強化

アプリ内に吹き出しアイコンが表示されるようになり、pdfの注釈のようにコメントの表示や返信が可能に。共有リンクダイアログで、「コメントを許可」をオンに切り替えておく必要があります。

Lightroomの新機能

レタッチの概念を変える「カラーグレーディング」

201021adobemax_16

リニューアルを発表したLightroom、その目玉機能となるのが「カラーグレーディングツール」です。今までのカラーピッカーはDaVinci Resolveのようなカラーホイールに置き換わり、シャドウ、ハイライト、ミッドトーンについてのHSLを個別に触れるようになりました。こいつぁ慣れる必要がありますねぇ。

透かしのグラフィック対応

201021adobemax_17

共有オプション内から、スタンプのようなグラフィカルな透かしを表示できるようになりました。もともと書き出し時に透かしの設定がありましたが、書き出す前から表示が可能で、かつデバイスをまたいで同期が可能です。

バージョンの自動保存

201021adobemax_18

新しく「バージョン」タブが追加され、過去のバージョンへいつでも復帰が可能になり、名前をつけることも可能になりました。スナップショットと似てるけど、こちらは最終のバージョンをいつでもチェックできるという点が違うのかな。

「フォロー」と「見つける」

Lightroomコミュニティにいるお気に入りのフォトグラファーの「フォロー」と、それらを探すための「見つける」セクションが追加。フォローしている人が新しい写真を投稿すると、自分のフィードに反映されます。今年6月にデスクトップ版で導入されていた機能ですが、今回アプリ版へ追加された次第です

パーソナライズされた「チュートリアル」および「見つける」セクション

上記に付随する機能で、「見つける」セクションにはユーザーの行動をベースにしてコンテンツフィードがレコメンドされます。アプリおよびWeb版、Chrome OS版のみの機能。

AIが選ぶ「ベストフォト」

201021adobemax_19

ベストショットを選択」機能を使えば、何百枚とある写真の中から最高の一枚を選び抜く作業を、AIに肩代わりしてもらえます。フォーカスや露出、被写体の状態、フレーミングなどの評価軸から選んでいるとのこと。自分とAIでベストが違ってると、ちょっと心配になりますね。アプリおよびWeb版、Chrome OS版のみの機能。

その他パフォーマンスの強化

Lightroom ClassicおよびCamera Rawに関するアプデです。グラデーションやブラシツール、部分補正といった一部動作において、GPU高速化が有効な場合にレンダリングが最大2倍高速になります。eGPUの活用シーンが増える…!?

また、一部のカメラにおいて、テザー撮影で「ライブビュー」が使えるように。サポートによると、現在はキヤノンのカメラのみ対応してるとのこと。さすが、こういうところはキヤノン早い。

Premiere Pro、Premiere Rush、After Effects、Character Animatorの新機能

神機能きた! 「テキスト書き起こし」

201021adobemax_20

Creative Cloudからダウンロードできるベータ版のPremiere Proにのみ追加された機能で、映像に対してテキストが自動で書き起こしされ、タイムライン上に生成されるようになります。あらゆる動画勢YouTuberの文字入力を、Adobe Senseiが肩代わりしてくれる日は遠くないッ。

エフェクト充実、見やすさ充実。

Premiere Rushにおいて、アプリ内ブラウズ機能の向上、グラフィックスコレクションの拡充、新規オーディオコンテンツの追加、新しいモーションエフェクトの追加などが実装されました。

切り抜き対象を自動トラッキング「ロトブラシ2」

201021adobemax_21

After Effectsに「ロトブラシ2」が追加。Adobe Senseiを活用した本機能は、選択したオブジェクトを全フレームに渡って自動トラッキングします。以前の「ロトブラシ」から大幅に進化し、時間と労力の節約は間違いなしとのこと。

より手軽に3Dを扱う「3Dデザインスペース」

Video: AdobeCreativeStation/YouTube

新たにAfter Effectsにやってきた「3Dデザインスペース」は、3Dコンテンツのデザインおよび合成をアプリ内に一本化します。本日から利用可能なのは、2Dから3Dレイヤーへの直感的なナビゲート機能と、3Dトランスフォームギズモ。パブリックベータとして提供されるのは、リアルタイム3Dドラフトプレビューと、3D平面ガイドです。

スピーチに応じた自動アニメーション機能

2019年のAdobe MAXで「PROJECT SWEETALK」としてチラ見せされていたCharacter Animatorの新機能。録音済みの音声をもとに、静止画から口パクのアニメーションが自動生成される魔法じみた機能です。リップシンクのほか四肢IKによる自然な動きや、タイムラインのエディットも強化。なんと今日から利用可能!

パフォーマンスとワークフローがまるっと強化

Premiere Proのオーディオプリロールの高速化、Premiere ProとAfter EffectsのHDRワークフロー強化、Premiere Proのカラーマネジメント強化、Windows版 Premiere ProのProRes RAWの読み込み、ProRes RAWからLOG色空間への変換など、各種フローの安定性が向上。

Adobe Stockに新しい「フリーコレクション」のビデオ素材が追加

高品質なフリー素材を扱うAdobe Stockに、6,000本以上の新しいビデオコレクションが追加されました。

Adobe XDの新機能

デザインに奥行きを。「3D変形」

201021adobemax_22

UI/UX設計ツールのAdobe XDは、ついに平面にとらわれないデザインを可能としました。新機能「3D変形」では、オブジェクトに立体感を与えたり、回転などのアニメーションを作ったり、AR体験をデザインしたりと、表層的なだけではないUX制作が可能に。使う側も想像力が試されそうですねぇ。

Creative Cloudライブラリとの連携力アップ

複数人がクリエイティブに携わっていると、いつの間にかゴールがブレることもしばしば。その新たなソリューションの根幹となる「デザインシステム」と、Creative Cloudライブラリとの連携が実装しました。ちょっと解説読んでも謎感あったのですが、チームプロジェクトで便利なシステムっぽい。

XD内でコードが書けるように

201021adobemax_23

Adobe XD extension for Visual Studio Code」拡張機能が開発されました。XD内で使えるVisual Studio Codeで、コード開発者はXDを離れることなくアプリのコンパイルやコーディングが行えます。これに伴い「Design System Package(DSP)」なるオープンなパッケージ形式も新しく定義されました。

共同作業の正式実装

ベータとして提供されていた共同編集機能が、正式な機能として実装されました。

Adobe Aeroの新機能

デスクトップ版登場、予定!

201021adobemax_24

Adobe AeroはARコンテンツの作成や共有が可能なアプリで、2019年にリリースされたばかり。現在はアプリ版のみリリースされていますが、デスクトップ版が提供予定とのことで、パブリックベータ版はすでにリリース済み。しっかり作り込むならデスクトップの方が良いよね。

アニメーションGIFとPNGシーケンスの読み込みに対応

要望が多かったというgifとpngシーケンスの読み込みに対応。おもしろgifのAR化がはかどってしまう。

マルチトラックアニメーションへの対応

Mixamo(3Dキャラクターやアニメーション制作ができるWebサービス)などから読み込んだキャラクターのアニメーションをAero内のオブジェクトに追加し、再生する機能とのこと。マルチトラックアニメーションというフレーズがわからなかったけど、モーションデータを持ってこれるってこと?

作品の公開と共有

自作のARコンテンツにカスタムサムネイルを追加したり、QRコードも生成が可能に対応しました。

「見つける」タブの追加

Behanceに対応した「見つける」タブが追加。他ユーザーが作成したARコンテンツを探したり、そのコンテンツをAeroで体験できるようになりました。コミュニティが加速しますね。


もーてんこ盛り盛りコンテンツ祭りですよ。とにかくAdobe Senseiはやばいというか、自動化や深層学習はテックのお披露目レベルから確実に実用レベルにまで来てますね。もうパスツール覚えるよりスライダーのしきい値や勘所を覚えたほうが良い説ある。

クリエイティブのコモディティ化は確実にあるけど、同時にプロフェッショナルな機能もどんどん深堀りされていっています。いっぱい覚えていっぱい試して、いっぱい作っていきましょ。

Image: Adobe
Source: Adobe

    あわせて読みたい