iPhone 12は「らくらくアイフォン」なのか? #AppleEvent

  • 9,826

  • author 三浦一紀
iPhone 12は「らくらくアイフォン」なのか? #AppleEvent
Image: Apple

どんな人がiPhone 12を買うんだろう…?

一気に4機種発表された「iPhone 12」シリーズ。そのなかで、どうも立ち位置が微妙に感じる機種があります。「iPhone 12」です。

ディスプレイサイズは6.1インチで、最新のA14 Bionic搭載。5Gにも対応し、カメラも超広角と広角の2レンズ構成。iPhone 12 Pro/Pro Maxほどモンスターな感じではありませんが、iPhone 12シリーズを代表する機種だと思います。

微妙な立ち位置の「iPhone 12」

しかし、しかしですよ。実際iPhone 12を買うかなと考えると、なんとなく「No」な気がするんですよ。

201014-0303
Image: Apple

小型のiPhoneがいいなと思ったら、「iPhone 12 mini」があります。性能は一緒で画面サイズが5.4インチにサイズダウン。もちろんボディサイズもダウン。つまり、「より小さいiPhoneがいい」という人ならば、iPhone 12 miniを選ぶと思うんです。

一方、最新iPhone 12の性能を思う存分堪能したいというのならば、3レンズ構成の「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」を選ぶと思います。というか、僕はiPhone 12 Pro Maxが欲しいなと。65mmのレンズ、めちゃくちゃ使ってみたい。

そう考えていくと、「iPhone 12」ってあまりにも標準的すぎます。特徴がないんです。

「iPhone 12」はシニア世代にいいのでは?

じゃあ、どんな人に向いているんだろうか。一番最初に思いついたのが、おじいちゃんおばあちゃん世代の方々。

スマホとしてそれほど高性能なものはいらないけれども、画面が小さいのは使いづらい。そういう層にiPhone 12はピッタリではないでしょうか。つまり「らくらくアイフォン」っていうわけです。

価格的には、iPhone 12は8万5800円から、iPhone 12 miniが7万4800円から。1万1000円の差がありますが、この差を「画面が大きい分」だと思えれば、iPhone 12って結構ありなんじゃないでしょうか。

もし、僕がおじいちゃんおばあちゃん世代に「どのiPhoneがいいかな?」って勧められたら、「iPhone 12かな〜」って言うと思うんですよ。おそらく、そういう機種なんだと思います、iPhone 12って。

ちょっと宙ぶらりんなイメージでしたが、「大きめな画面で使いやすいスタンダードなiPhone」と考えると、割といい機種に思えてきたぞ!

Source: Apple

#AppleEvent iPhone 12 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい