TVを買い替えても、録画してた番組はそのまま引きつげる外付けハードディスク

  • 17,882

  • author 岡本玄介
TVを買い替えても、録画してた番組はそのまま引きつげる外付けハードディスク
Image: ELECOM

せっかく保存した番組が見られなくなる悲しさとオサラバ。

テレビやレコーダーを買い替えたときに、録画していた番組を引き継げる「SeeQVault」規格対応ハードディスクが登場しました。

地デジ化に伴い、テレビ番組をハードディスクに録画するのが一般的になりましたよね。ですがそのテレビを買い替えたとき、大事にしていたお気に入りの番組が見られなくなった! なんてことはありませんか?

「SeeQVault」がお悩み解決

それを解決するのが、「SeeQVault(シーキューボルト)」規格です。この規格は、対応した機器間での再生互換性と、強固なセキュリティーを同時に実現するコンテンツ保護技術です。同一メーカー機種間に限るとのことですが、テレビを買い替えても古い番組を見返せるのは嬉しいですよね。

そしてその規格に対応しているのが、ELECOMの外付けハードディスク「ELP-QEN」シリーズです。これに録画しておけば、テレビが壊れてもデータはそのまま。それにもし、別の部屋に同じメーカーの対応テレビがあれば、ハードディスクを繋ぎ直して別室で鑑賞する、なんてこともできてしまいます。

独自の排熱設計で寿命を伸ばす

このハードディスクの筐体は、縦置きでも横置きでも、熱気を上に逃がす「ダブルデッキエアフロー構造」で熱対策がバッチリです。ファンもないので騒音もありません。

201023_seeqvault2
Image: ELECOM

「ELP-QEN」シリーズは、3.5インチが2TB、3TB、4TB、6TB、8TBと5種類あり、2.5インチなら2TBと4TBの2種類が、いずれもオープン価格となっています。

まずは対応テレビを購入しないと始まりませんし、torneやnasneみたいな製品もありますけども、心当たりのある方は対策を考えるようにしたいですね。いつかやって来るであろう買い替えに備えて、ぜひともご検討を!

Source: Twitter via ELECOM

    あわせて読みたい