原付扱いで公道走行できる! 折りたたみ式の立ち乗りEVバイク「Free Mile plus」

  • 40,867

  • author 岡本玄介
原付扱いで公道走行できる! 折りたたみ式の立ち乗りEVバイク「Free Mile plus」
Image: FreeMile

近所のチョイ乗りにちょうどイイ!

パっと見はキックスクーターのようなのに、実は電動バイクというユニークな乗り物「Free Mile plus」。これには前後のライトや方向指示器があり、ナンバー登録をすれば原付扱いにて公道で走れるんです。

重さは30kgですが、2重ロックを外してハンドルバーを根本から折りたためば、自動車に乗せて運ぶこともできます。

パワーは500Wで最高時速は45kmですが、ギア操作で時速15kmと30kmに制限することも可能。耐荷重が120kgのペダルはバランスを取りやすく、また重心が低いので安定して走るだけでなく、前後にディスクブレーキがあるので制動性能にも優れています。

201022_freemile3
Image: FreeMile

ちなみにシートポストの長いサドルも付属しているので、ラスト1マイル以上の距離を乗りたい場合はこれで疲れ知らず。フル充電で最大30~40kmを走り、乗った後はリチウムイオン 48V 10Ah充電池を取り外して5~6時間のチャージをします。

この投稿をInstagramで見る

. Free Mile plus発売開始!! この度、Free Mileは、 公道走行可能な電動スタンディングスクーター、 【Free Mile Plue】をクラウドファンディングの、 キャンプファイヤーにて発売を開始します。 プロフィールのリンクからとべます。 特徴① 時速45kmのパワフルな走行 特徴② 着脱式なバッテリー 特徴③ 直径25.4cmのオフロードタイプの大きなタイヤ スピードが出ないから、 まわりの車が怖い、右折ができない、坂道が登れない。 バッテリーが取り外せないから、 充電する際に家まで本体を運ばなければいけない。 タイヤが小さいから、 ボコボコの道路や段差で安定した走行ができない。 Free Mile plusは、 電動キックボードが日本の公道で日常的に走る上で課題となっていることを可能な限り解決しました。 電動キックボードでもなく、 電動スクーターでもない。 革命的な電動スタンディングスクーターの誕生です。 #電動キックボード #原付 #原付女子 #バイク #バイク女子 #チョイ乗り革命 #移動革命 #キントーン #freemile #電動スクーター #freemileplus #kickscooter #kickscootershop #クラウドファンディング #クラウドファンディング挑戦中 #キャンプファイヤー

Free Mile ev mobility(@free_mile_)がシェアした投稿 -

気になるお値段は、15万8000円です。これは近場の移動が多い、食料品のデリバリーにも向いているとのことです。この仕事は何に乗るかで仕事の効率も変わってきそうですもんね。原付に乗れる配達員の方々は、この「Free Mile plus」へのアップグレードを考えても良いかもしれません。

Source: Twitter, Instagram via FreeMile

Free Mile plus ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい