今回のiPhoneは買い。僕はiPhone 12 Pro Maxを予約します

  • 35,779

  • author 大野恭希
今回のiPhoneは買い。僕はiPhone 12 Pro Maxを予約します
Image: Apple

現編集長の尾田です。初代のいちる編集長に続いて大抜擢された大野恭希(おおのよしき)二代目編集長がひさびさに寄稿してくれました。話の流れで頼んだら快く引き受けてくれたのですが、ブランクを感じさせない“かつどん”節(当時の愛称)が炸裂していて嬉しくなってしまいました。ぜひご一読ください。


みなさん、アマゾンプライムデーは何か買われたでしょうか。個人的にゲーミングキーボードとアリエールのまとめ買いをしました。

20120430oono
ギズモード:2012年撮影

ギズモードで働いていた大野といいます、こんにちは。

ギズにいたときにはガジェット・テクノロジーに関しては人並み以上には知識があったと思われますが、いざ離れてみると素人目線で製品を見るようになり、特にこだわりもなくなって、プライムデーで安くAmazon Echoを5台買って家中で音楽を流して楽しんでます。Echoが不調なので今日発表されたHomePod Miniは確実に2台買うと思いますね。家で音楽ほとんど聞かないけど。

さあ今日の本題はiPhone 12

Apple_announce-iphone12pro_10132020
Image: Apple

発表前リーク情報を見ていた時から、角張ったデザインとなるようだったら心の中ではもう「買い」しかありませんでした。

今の丸みを帯びているボディも悪くはないですしいいのですが、iPhone 3Gや4を持った時の感動が少しは蘇るんじゃないかと思っていて、角張りiPhoneに期待していたんです。

今日発表されたiPhoneは事前情報通りで面白みに欠けているのはいつものことで、なおかつオンライン発表ということもあるので笑いが起きる場面もそんなになかった印象です。

そんなことは置いておいて、デザインは相変わらずゴージャスで抜け目なく、いつものアップルで安心しました。ちゃんと角張ってるし。この角張りと端末側面のアンテナを見るたびにiPhone 4アンテナ問題を思い出すのは年をとったということなんでしょうね。

そして「Hi,Speed」の通り、今回のiPhoneは5G対応でA14 Bionicに進化しました。

5Gで高速低遅延になることはもちろん知っていますが、ぶっちゃけ5Gは一度も体験したことがありません。キャリアの5Gロードマップを見ても、4Gの時より普及速度は遅いと感じられました。

それでも5G対応iPhoneには期待しかありません

国内で4G LTEでの通信ができるようになったのはiPhone 5発売年である2012年ですから、10年近くこの世界で生活していることになります。これまで3Gから4Gへと切り替わったタイミングでさえ、Safariのページ表示スピードが向上し、おそるおそるキャリア回線でYouTube動画を見て通信量を気にして閲覧していたり、通信規格とハードの進化によってユーザー体験が変わったりという経験をiPhoneはいつも提供してくれています。

発表会の冒頭で触れていた通り、アップルと各国キャリアとの連携で、5Gはより早く広まっていくと期待できますしね。

Hans_Vestberg_5G_October_2020_Apple_Event
Image: Apple

iPhone 12のショートフィルムで音楽のダウンロードが1曲1曲瞬時に終わっていく瞬間を見てみたいですし、なにより僕がいまソーシャルビデオ通話アプリを開発していることもあり、5Gによってどう世界が変わっていくのかを見てみたいと思っています。固定回線よりも高速になるかもしれない世界ですからね。

もはやスマホを使う側からしたら不必要なほど高速になっているA14 Bionicも見逃せません。単純にCPUの速度だけでスペックが上がるという話ではなく、5nmが実現した電力効率と機械学習の高速化はあらゆる場面でストレスなくユーザーを支えてくれるんだと思います。ってかA13 Bionicから50%近く高速化してるってほんまかいなってくらい進化止まりませんね。

この5GとA14 Bionicをフルで活用できる例として『リーグ・オブ・レジェンド』が発表されていましたが、ライオットゲームズの担当の方は「A14 Bionic高速すぎてやばい」と笑っていたように見えましたね(発表会で笑い起きてました。すみません)。

この体験ができることに対して毎年iPhoneを買い換えている身としては、当然のようにiPhone 12は買います。買いますとも。

どのモデルを買うか?

今はiPhone 11 Pro Max(メイン)とiPhone Xs(PayPayと遊び用)の二台持ちをするくらいに生活必需品になっている自分の環境ですが、今回はメインiPhoneを買うことに焦点を当てて考えてみます。

僕はiPhoneを買うときのマイルールとして、以下の様に決めています。

1.端末サイズは一番大きいものを優先

2.ストレージは最低256GB

3.カラーは新色を優先

結局のところ、フラグシップモデルで色は新色ならいいというシンプルな考え方です。

サイズがバッテリー容量を決める。はず。

メイン端末として購入するiPhoneですから、一番大きいサイズにすることでバッテリー持ちをよくすることが最重要だと考えています。年々バッテリーの減りは気にならなくなってきてはいますが、ニュース見てゲームしてツイッター見てたまに仕事して、というような使い方でも寝る前には1/3くらいの電池残量になることが多いため、バッテリー持続時間が長いことはいいことだ理論であります。

だからiPhone 12 Pro Max。

ストレージは256GBあれば十分

iPhone 12から容量が2倍の128GBからとなりましたが、128GBって心許ない容量だと感じてしまいます。64GBは考えられない。

普段から写真・動画を多く撮る人間ではないですし、ストレージを確認してみると100GBほど使っていたので256GBあれば十分です。

だからiPhone 12 Pro Max。

パシフィックブルーがかっこよさげ

iphone-12-pro-max-blue-hero
Image: Apple

色の選択も簡単です。新色と決めているのでパシフィックブルー一択なのです。iPhone 11 Proならミッドナイトグリーンみたいな。とはいえ新色は注文できないこともありますし、色によってできることが変わるわけではないので、諦めて無難なホワイト系にすることもあります。優先度は低めです。

だからiPhone 12 Pro Max。

購入する意思があり、モデルも決まった。それでも気になるのが価格ですよね。

今回の発表で何を言い出すのかと思ってしまったのですが、電源アダプタを同梱しないと確かに言っていました。でもUSB-C Lightningケーブル入れるよ。箱は薄くなって出荷が倍になり、カーボン排出抑えられるよ。って地球にとってはいいことかもしれませんが、でも値段は100ドル高くなってるよ、 ってどうなんでしょうか。

とはいえiPhoneのリセールバリューは高いですから、iPhone 11は下取りかメルカリに出して12に買い換えるだけですけどもね。

ここまで書きましたが、新しもの好きで世代が変わるタイミングを楽しめる層は12はいいですよね。PCゲームやるならRyzenも11月ですし、もしかしたらNASDAQ(アップル株)を買う方がいいかもしれません。

僕はProの16日の午後9時から予約をさっと終わらせて、23日を待とうと思います。

    あわせて読みたい