iPhone 12、5Gを使うとバッテリーもちが4Gと比べて2時間短い

  • author そうこ
iPhone 12、5Gを使うとバッテリーもちが4Gと比べて2時間短い
Image: Apple

まだまだ「実現」と言うには時期尚早な5G。

iPhone 12。幅広いサイズ感、さらに進化したカメラ、そしてMagSafe(マグネット式無線充電)といろいろ注目したいところはありますが、発表会で時間を割いてアピールされていたのは、やはり5G対応ということ。5G対応と一言で言っても、米国外はミリ波が非対応など細かく見れば、一般にイメージする爆速通信にはまだまだ遠いというのが現実かと。さらに5Gを使うことで、そもそもスマホがスマホとして機能するための最重要ポイントであるバッテリーに大きく影響されてしまうようなんですね。iPhone 12の4G接続と5G接続を比べると、バッテリー持ちに2時間も差がでたというテストがあります。

バッテリーテストを公開したのは、ネタ元のTom’s Guide。バッテリーが死ぬまでとにかくウェブサーフィンを続ける(画面の明るさ150nits、30秒に1度新しいサイトを開く)というテスト方法で挑みました。使用した端末はiPhone 12とiPhone 12 Pro。また、iPhone 12だけで4Gと5G接続時の違いもテストしています。結果はちょっと残念なことに…。

AT&Tの5Gネットワーク接続時のiPhone 12は、バッテリー持ち8時間25分、iPhone 12 Proは9時間6分。4G接続だと、iPhone 12が10時間23分、iPhone 12 Proが11時間24分。つまり、5Gを使用するとバッテリーもちは2時間ほど短くなるということです。2時間かぁ、ビミョーなところですね。通信速度をとるか、数時間のバッテリーをとるか…。

さらに、iPhone 11と比較(4G接続)すると、iPhone 11が11時間16分、iPhone 11 Proが10時間24分で、iPhone 12の完敗です。バッテリー容量自体は、iPhone 11よりも小さくなったiPhone 12ですが、Apple公式的にはバッテリー効率アップで駆動時間が長くなってるはずなんですけどね。テスト方法が違うので、単純比較はできませんけれど。

Tom’s Guideでは、同じテスト方法でGalaxy S20OnePlus 8TPixel 5の5G接続時のバッテリーもちもチェック。ありがたいことにリフレッシュレート別にテストしてくれています。それらと比較しても完敗。iPhone 12/12 Proは5G接続の場合、バッテリー寿命が短いのが目立ちます。

正直、今はまだイメージする5Gをリアルで使える時ではないので(ユーザーの居住地しだいではなおさら)5G接続のバッテリーもちで端末を選ぶ人は少ないでしょうけれど。繰り返しますが、公式が推してるほどは5G目的でiPhone 12を買うってのはないんですよね。

Source: Tom’s Guide via BGR

      あわせて読みたい