「みんながみんな絶対音感があるわけじゃないの!」←iPhone 12発表から一息ついて、サイズ悩みが加速する人の叫び

  • 23,189

  • author そうこ
「みんながみんな絶対音感があるわけじゃないの!」←iPhone 12発表から一息ついて、サイズ悩みが加速する人の叫び
Image: Apple

絶対音感って特殊能力だよね。

iPhone 12発表から時間がたち、日本の大手キャリアの価格も発表になり、興奮も冷めじっくり吟味して予約する端末決めた!という人がいる一方で、一部(ほんの一部かもしれませんが)ますますパニックになって悩んでいる人もいるはず。きっとその人たちが叫びたいことって「みんながみんな絶対音感あるわけじゃないの!」じゃないでしょうか。私は叫んでます。

6.1インチをみんながみんな想像できると思うな!

Proシリーズにすべきかどうかは、いまさら話すことではなし。問題はiPhone 12かiPhone 12 miniかということなんです。機能的にまったく同じで、サイズだけ違う。しかもそこそこけっこう違う。だから叫びたくなるわけです「みんながみんな絶対音感あるわけじゃねーからな!」って。

何が言いたいかというと、手に持って実際使う時のリアルなサイズ感がぜーんぜんピンとこないってこと。少数派かもしれませんが、10センチと言われても定規ださないとピンとこない人っていません? この幅に入ればいいのね?とか言って、手でサイズはかりつつ、気がつけば自分の都合のいいサイズに変換しちゃって「いけるね!」っていうタイプ。そこまで酷くなくても、微妙に誤差がでちゃうタイプ。そういう人からしたら、iPhone 12とiPhone 12 miniのサイズ感、実際手に持っていじってみないとぜんっぜんわかんない!

発表直後の「iPhone 12 mini一択だな! ポケットにはいる&片手操作しやすいとにかく小さいサイズほしかったし! ディスプレイサイズ見ても、miniで十分だよ!」から、「あれ、小さいのほしいけど、さすがにこれはボディ小さすぎ?」という気持ちも。

…そう、物の大きさを想像するのが苦手な人間にとって、ディスプレイサイズを検討しながら端末サイズも考えるって、ほぼ無理ゲーなのです。

ARで比較してみたら? やりましたよ…。

公式の製品比較で並べてみたら? やりましたよ…。

それでも、リアルなサイズ感がピンとこないタイプだからサイズ悩みが加速しているのです。テーブルをドンっとして「あ、ミだね?」じゃねーよ! 6.1インチをみんながみんな想像できると思うな、絶対音感かよ!っていうのが、悩みまくって斜め上にいった今の気持ちです。

店舗に行けない今だからこそ、もっとサイズをわかりやすくしてほしい

公式の製品比較画像、シャレた壁紙じゃなくてアプリアイコン並べてほしいよー。物の大きさすらピンときてないのに、アプリの位置まで想像できません。iPhone SEからiPhone Plus端末まで使ったことあるせいで、経験値の幅(どちらも一長一短ある)が広くてますますピンときません。(iPhone Plus端末と比較したら、むしろiPhome 12 Pro Maxもアリ)。コロナ禍だからこそ、いつもよりさらに店舗に行かずにネット注文したい一方で、コロナ禍だからこそ、この夏ネットショッピングの加速から届いた品物見て「あれ、思ってたのと違う」でさんざん痛い目見て、慎重になってる秋なんです。もっと言うと、ミニバッグやヨガパンツの人気、キャッシュレス加速によって、お財布のサイズから、日常の荷物の数、ポケットの有無まで、そもそもライフスタイルとスマートフォンの適したサイズのバランスを再考しているときだというのに。

あぁ、もう実機を両手で持ってみないと決断できない…。せめて発売日が同じなら…。段ボールで自作するしかないわ。グスグス…。「あ、ファレファレだね?」じゃねーよ!

ごく少数、一部の人からだけ、今、共感得てると思います。

    あわせて読みたい