『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』のスピンオフ映画の製作が正式に決定

  • author 傭兵ペンギン
『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』のスピンオフ映画の製作が正式に決定
Photo: Kevin Winter / Getty Images

日本を含め世界中で極めて高い評価を得て、アカデミー賞を多数獲得した2015年の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。公開直後からその続編/スピンオフの計画はありましたが、ついにその製作が一歩前進し、同作の主要キャラだった「フュリオサ」の過去を描く前日譚ものになると、配給会社の ワーナー・ブラザースが発表しました。

それを報じたThe Hollywood Reporterなどのメディアによると、若き日のフュリオサを演じるのは(まだ日本では未公開の)『ニュー・ミュータンツ』でマジック役を演じたアニャ・テイラー=ジョイ

また、『マイティ・ソー』シリーズでお馴染みのクリス・ヘムズワースと『アクアマン』でブラックマンタを演じたヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世も出演予定。どんなキャラクターを演じるかは今の所、公開されていません。

『 怒りのデス・ロード』ではトム・ハーディーが演じたマックスが関わるかどうかも現在不明。個人的には、フュリオサと前から知り合いだったりするとなんか変だし、一切関わらないんじゃないかと思いますが、果たしてどうなるか。それよりも、シャーリーズ・セロン演じるフュリオサに一瞬でも良いので出てきて欲しいところ……!

公開時期はおろか撮影開始もいつ頃になるかは現状不明。ハリウッドはコロナ禍で全体的に撮影などの製作の遅れは発生しながらもなんとか進行中なので、気長に待っておきましょう。

Source: The Hollywood Reporter

あわせて読みたい