磁石でくっつくMagSafe充電器、あんまりセーフじゃない問題。ワイヤレスの利点とは…

  • 40,963

  • author ヤマダユウス型
磁石でくっつくMagSafe充電器、あんまりセーフじゃない問題。ワイヤレスの利点とは…
Photo: ヤマダユウス型

MagSafe is not safe。

うまいフレーズが思いついたからこう言っているのではなく、触ってみてそう感じてしまったのです。iPhone 12シリーズの共通新機能「MagSafe」は、本体背面に磁石を仕込むことで、充電パッドやアクセサリーをバチンとくっつけてしまおうというもの。発表された時は興奮したもんです。

その新機能を活かすべく新しく発売されたのが、MagSafe充電器です。今までのワイヤレス充電器とは異なり、磁石のチカラでスイートスポットにバチっとハマることで確実に充電してくれる。しかもワイヤレス充電としては高出力な最大15W給電を実現しています。

うまくワイヤレスで充電できるのか、そして磁石のバチッと感はどんな具合なのか。期待を胸に触ってみると、こやつの良いところとやべぇところが見えてきました。こいつは、ワイヤレスなのに、ワイヤードな存在なのです。

信頼できるマグネットパワー

201019magsafe_02

iPhone 12 Proに接続したルックスはこんな感じ。MagSafe充電器は外周部分にマグネットが仕込まれていて、これがiPhoneの背面にバチっとくっつきます。磁力の手応えから察するに、iPhoneの背面にも同じ半径の磁石が仕込まれている予感です。スイートスポット周辺を動かすと、同じ極同士を近づけたような抵抗が感じられます。

201019magsafe_03

薄さはこれくらい。充電しながらスマホをいじっても、Lightning端子ほど邪魔になりません。充電器の向きを変えて、ケーブルの方向を変えてやれますからね。

201019magsafe_04

気になる磁力ですが、相当に強力でございます。見ての通り充電器が浮いてくっつくほど。これ、最初は片手でiPhoneを持ってたんですけど、片手だと充電器に引っ張られてiPhoneが傾いてしまったんですよ。それほどに強力。

あと、磁力はiPhone 12 Pro>iPhone 12のように感じました。この違いは表面加工の違いのせいか、あるいはハード的に差別化されているのか、そこは不明。差別化する意味はあるんだろうか?

201019magsafe_05

振り回し耐性もかなりあって、充電器ごとiPhoneを持ち上げたり振り子してもこの通り。反動をつけて引っ張ると取れてしまいましたが、無理やり取ろうとしない限りは問題ないでしょう。良い子もガジェット好きも、真似しないでね!

201019magsafe_06

MagSafe対応のケースであれば、ケースごしに充電も可能です。ケース自身にもマグネットがあり、ケースを噛ませたからといって磁力が落ちることはありません。なんならちょっと強くなった感じもする。

201019magsafe_07

しかもこのケース、謎技術でケース自体の装着をiPhoneが認識しおるのです! 上のgifのように、ケースとiPhoneをくっつけると独自のエフェクトが表示されます。これが充電器ごしの充電に関わっているのかな?

実生活でMagSafe充電器を使うメリットは、「ワイヤレス充電をほぼハズさずに済むこと(15W給電も)」「充電端子が邪魔にならない(充電しながらiPhoneを使える)」「他のガジェットもワイヤレス充電できること」などなど。

特に、充電しながらゲームや配信をする際には今までのLightning端子充電スタイルに比べて、圧倒的に取り回しが良くなりましたね。15Wで給電が間に合うかどうかは作業次第かな。磁力の恩恵を受けられるのはiPhone 12シリーズだけなので、iPhone 12を検討している人はセットで買うかどうか、お悩みくだされ。

強力な磁力が、仇となり…

それではここから、MagSafeの負の面について語らせていただきます。強力な磁力は、ケーブルを引っ掛けてしまった場合にiPhoneごと持っていってしまう可能性があります。有線充電でよくある問題で、安全性が問われます。Not Safe。

201019magsafe_08

次に、充電器とケーブルの端子曲がりが、怖い。iPhoneにつないだLightningケーブルのごとき曲がり荷重が、充電器の付け根にかかる可能性があります。なまじ磁力が強力な分、かかる力も大きい。ワイヤレスのメリットって、こういうのからの解放だったのでは?

201019magsafe_09

ケーブルを上にする場合も、こんな風に曲がってしまいます。ケーブルではなく充電器を持ち上げれば良いじゃないかって? それでも外せますが、結構な力が必要。しかも薄いから掴みにくい。素直にiPhoneを持ち上げてあげましょ。

また、Appleが推している「完璧な位置に磁力でピタッとくっつく」という謳い文句ですが、思ったほど完璧ではありません。僕は最初、スイートスポットを外した場合は磁石の抵抗でスっと正しい位置に導いてくれると思っていたんですけど、違いました。スイートスポットへの吸着は正しい位置付近に着た時のみ動作します。

つまり、MagSafeだからといって無造作に置いてもOKってわけではないッ。背面の上や下側にくっついた場合は、手動で充電器を外してからAppleロゴがあるスイートスポット付近に当て直す必要があります。

思えばMacBookのMagSafeって、端子だから位置ズレしようがなかったんですよねぇ。同じMagSafeの名を冠していても、磁力以外の部分はデザインや使い勝手的にもかなり違うっぽいです。MagSage並の使い勝手の良さを期待してるとガッカリは避けられぬ…。

そして、最大の本末転倒な点がコレ。

201019magsafe_10

充電器から外す際に、両手を使う必要があります。磁力が強力だからiPhoneを持ち上げるだけじゃ取れない→両手を使って外す→これってLightningケーブルと同じ動作じゃ…? という、やべぇ真理の扉と出会ってしまったのです。

解決策は、充電器をガッツリ固定してしまうことだと思います。あるいはいっそ充電器を吊るして宙空で充電するとか…。なんせ、MagSage充電器単体で使う場合は、ワイヤレス充電器のメリットである「サっと置いてサっと回収」は、実現できない可能性が高し。強力すぎる磁力が、まるで有線のようにiPhoneを掴んでしまうのです。

磁石のロマン、どう使いこなすべきか

ワイヤレス充電を快適にするためのガジェットが、まさかワイヤードな充電スタイルと類似してしまうとは。や、充電するまでは良いのです。スイートスポットへの吸着、15Wの高速給電、他ガジェットへの対応など。問題は取り外す際なのです。スマートな解決策を思いついた人はぜひともシェアを…!

201019magsafe_11

むしろ僕が今MagSafeに期待してるのは、MagSafe対応アクセサリーの充実です。現状、ケースやウォレットが登場していますが、サードパーティからも続々と出てくるはず。磁石だなんてロマン機能、活かしがいがありそうじゃないの。

MagSafeをどう使いこなすかは、これからどんどん研究が進んでいくでしょう。充電器の手応えは今ひとつでしたけど磁力の強さは期待以上でしたし、充電しながらのスマホいじりはめっちゃはかどりますよ〜。…これもうワイヤレス充電器じゃなくって、取り外しやすい有線充電みたいな認識のが良い説ある?

そういえば、iPhone 11 Proにもギリッギリくっつきました。すぐポロっと取れそうですが。スイートスポットには導いてくれないけど、12気分は味わえる…?

Photo: ヤマダユウス型

MagSafe充電器 ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい