Appleウワサ業界には予言者か未来人が紛れこんでいるのかもしれない

  • author 塚本直樹
Appleウワサ業界には予言者か未来人が紛れこんでいるのかもしれない
Image: Ben Geskin/Twitter

未来が見えるの…? それとも未来からきたの…?

いよいよ本日深夜にも発表されそうな新型スマートフォン「iPhone 12(仮)ですが、なんとそのサイズ感を17ヶ月も前に予言していたコメントがみつかっています。

上の画像は、海外メディアのMacRumorsのコメント欄に投稿されたものです。nfl46というユーザーが、「2020年のiPhoneは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3モデルになる」と伝えていますね。

今年になってからは何度も伝えられていますが、iPhone 12(仮)には5.4インチのiPhone 12 mini(仮)、6.1インチのiPhone 12(仮)/iPhone 12 Pro(仮)、6.7インチのiPhone 12 Pro Max(仮)が存在するとされています。

この17カ月前のコメントやそれに続いた数々のウワサが正しかったのかは今夜2時から明かされることになります。

ちなみに広く公開されている予測としては、2019年6月にアナリストのミンチー・クオ氏が3サイズの存在を予言しています。いやはや、Apple(アップル)のウワサ業界は奥が深いですな。

このプレスリリースは未来から送られてきたのか?

しっかり言い切るスタイル。アクセサリーメーカーのMPOW JAPANから、新型のワイヤレス充電器が発表されました。なんでも、今夜に発表されると噂の...

https://www.gizmodo.jp/2020/10/221975.html

【10/12更新】iPhone 12関連リーク情報まとめ:発売日・サイズ・価格など

気がつけばもうそんな時期。つい先日、年が明けたような記憶があるんだけど、気がつけばもう9月! そう、そろそろ次のiPhoneの姿が見え隠れしてくる...

https://www.gizmodo.jp/2020/10/iphone-12-matome.html

Source: MacRumors/Twitter

    あわせて読みたい