メカっぽいフレームがソソる。ファットタイヤの男女兼用eマウンテンバイク

  • 6,009

  • author 岡本玄介
メカっぽいフレームがソソる。ファットタイヤの男女兼用eマウンテンバイク
Image: Nireeka

砂浜でも雪道でも、どこでも走ります。

2009年より未来的なコンセプトバイクのデザインを作ってきたデザイナーたちが、モノコック構造のカーボンファイバー製フレームを使った、極太ファットタイヤのeマウンテンバイク 「Nireeka Prime」 を作りました。

最大出力は1000Wで、トルクは160N m。最高時速は60kmで走行距離は80km。重さは26kgとなっています。

Video: Nireeka/YouTube

Bafangのモーターを車体の中心に置いたことで、いわゆるミッド・ドライヴという自転車になっている「Nireeka Prime」。ファットタイヤの間にモーターがあるので、前後のバランスが安定します。

男女兼用デザイン

SFロボットみたいなデザインですが、それはカクカクっと折れ曲がっているフロントフォーク、そしてシートポストを支える「>」字型の構造が印象深いからかなと思います。

またこの部分は男女兼用デザインとなっています。男性用MTBだと、シートポストの付け根からハンドルへと伸びるフレームが、女性用だとペダル付近から伸びデザインなので、その間を取って「~」のようにカーヴしているのだそうです。なので小柄な女性が乗っても、この凹みを跨げば地面に両足がベタっと着地するよう考えられています。

201015_nireeka3
Image: Nireeka

26x4インチの極太タイヤ

NEW ATLASいわく、KTMの250ccダートバイクよりホイールが大きいのだそうです。確かにオフロード車は細くて華奢なタイヤを履きがちですが…ヘタするとオートバイより大きいってドンだけ!? って感じですね。

コンピューター内蔵ディスプレイ

車載ディスプレイはコンピューター内蔵なので賢く、たとえばApple watchなどで心拍数を拾って連動させると、その心拍数に応じて必要なトルク(電動アシスト)が発生するよう計算します。

そして事故を起こすと、設定した緊急連絡先にテキストでその旨を知らせたり、障害物を超音波で検出するレーダー、ジャイロスコープ、加速度計も搭載し、盗難時の警報や位置追跡も行います。

最低価格26万円台から

その他LG製の10Ah 48Vリチウムイオン電池、10段階変速のShimano製Deoreカセット、前後に油圧式ディスクブレーキもあり、最低価格が2,499ドル(約26万3,000円)から始まります。さらに塗装やモーター、充電池、フロント用エア・サスペンションに交換するなど、カスタムに応じて高くなるので、欲しい性能はお財布と相談して注文することになりまね。ちなみに発送は、ドバイからとなっています。

Source: YouTube , Twitter, Instagram, NIREEKA via NEW ATLAS, INDIEGOGO

    あわせて読みたい