「X-S10」は富士フイルムデビューにぴったり、良いとこ取りサラブレッドです

  • 13,704

  • author ヤマダユウス型
「X-S10」は富士フイルムデビューにぴったり、良いとこ取りサラブレッドです
Photo: ヤマダユウス型

持ちやすさを侮ってはいけない。それを教えられました。

富士フイルムから、新しいミラーレスカメラ「X-S10(エックス エステン)」が発表されました。フラッグシップモデルの「X-T4」に続くボディ内手ブレ補正を搭載したモデルで、ボディ本体の市場推定価格は税別12万円、発売日は2020年11月19日

富士フイルムが展開しているAPS-CカメラのXシリーズにはエントリークラスからフラッグシップまで豊富なラインナップが揃っていますが、Sの冠名はここに加わる新規のラインとなります。フラッグシップ機種のいいところを引き継いだミドルクラスで、それでいて今までのフジとは違う使い勝手が新鮮なカメラです。

X-S10

200922xs10_02

・26M X-Trans CMOSセンサー(X-T4と画質はまったく同じ)

・最大6.0段ボディ内手ブレ補正搭載(ちなみにX-T4は最大6.5段)

・メカシャッター8コマ/秒連写、最大30コマ/秒連写(電子シャッター&クロップ使用時)

・動画は4K29.97pまで、FHDは240pに対応

・4:2:2 10bit 外部出力、4:2:0 8bit SDカード記録、F-Log対応

・大型レンズを装着しても安定するグリップ

・180度のバリアングルタッチ液晶

・18種類のフィルムシミュレーション搭載(クラシックネガがある!)

・ポップアップフラッシュ、マイク端子、USB-C(充電、ヘッドホン出力可)、Micro HDMI搭載

・SR AUTO/SP(シーンポジション)での画質向上(カラークロームエフェクト、カラークロームブルー、Dレンジ優先など自動反映)

・シングルカードスロット

・寸法は125.9mm×85.4mm×65.4mm、ボディ本体の重量は465g

絶対にブレさせないという確固たる意思

とにもかくにも、このカメラ最大の持ち味はコレ。

200922xs10_03

グリップです。グリップがあるんです。ミドルクラスなのに!

思えば現在ラインナップされているXシリーズで、深く握れるグリップを持っているのは最上位モデルの「X-H1」だけだったんですよね。「X-S10」は、グリップと6.0段分のボディ内手ブレ補正という、フラッグシップだけに許されたユニーク要素を引き継ぎつつ価格と操作系をエントリーに寄せた、今までになかった立ち位置になります。

安定感をもたらすグリップ、少々のブレでは物ともしないIBIS、そして軽いボディ。これらのあわせ技によって、ラフに撮ってもブレない画を撮れる。この特性は、スナップ撮影やファインダーを覗かない撮影に向いていると感じました。シャッター音も軽めで、テンポ良く撮影ができます。

でも、小型化を実現するにおいては削った部分も存在します。なんせボディが小さいんですから。

200922xs10_04

背面のボタン数は「X-T200」「X-T30」とほぼ同じ、最小の構成。ジョイスティックの位置が上方にあるため、ファインダーを覗きながらのピント位置調整は良好です。が、このファインダーはミドルクラスのX-T30などで採用されているものと同じで、アイカップが薄め。AF ONボタンを押しながら覗くと親指とほっぺたが干渉するという謎仕様。ファインダー部分は、好みがハッキリ分かれる点でしょう。

あと、EVFの右のボタンはWBボタンになっています。従来モデルだとここはビューモードの切り替えボタンになっていたので、新鮮な操作感ですぞ。

200922xs10_05

軍艦部は、Xシリーズの持ち味でもあったシャッタースピード・ISO・露出ボタンの個別ダイヤルが廃されています。左ダイヤルはフィルムシミュレーション、右手前ダイヤルは露出のためのダイヤル。ISO、Q、録画は独立したボタンが用意されています。シャッターボタンの位置と形状は「X-H1」に類似。

僕はISOやシャッタースピードが個別ダイヤル仕様の「X-T2」を使っていますが、やはり操作性の面では個別ダイヤルの方がスピーディです。でも、よくあるエントリーカメラほど操作コマンドが奥深くにあるわけではなく、仮にマニュアルモードにしてもISOボタンがすぐに届くため、激烈に使いにくいってことはなかったです。

あと細かい部分ですが、露出ダイヤルがボディ手前にはみ出すデザインになっているのは、とてもグッド。親指だけでダイヤルを操作できるため、ここに限っては「X-T4」「X-T3」などよりも操作性良好です。T-30などに似た仕様。

200922xs10_06

「X-T4」のフィードバックを生かしたのか、ヘッドフォン端子を搭載。軽量でVlogもイケるカメラなので、これは嬉しい要素でしょう(ちなみにセルフィー持ちでも露出ダイヤルが操作できる)。フジ機でのVlogなら、フィルムシミュレーションを使った動画も楽しめますしね。

200922xs10_07

そのフィルムシミュレーションですが、ちょっとだけUIが変わりました。それぞれのカラーごとに色のある枠が表示されるようになり、この状態でQボタンを押すことで当時のフィルムの解説文が表示されます。こういうTips要素はおもしろいですね、カメラを通じてフジの歴史にふれることができる。

Xシリーズの良いとこ総取りモデル

スペックと外観をひっくるめると、今までのXシリーズの良い部分を総取りしつつ、操作系をシンプルにしたおかげでボディの小型化に成功した → エントリーな装いのカメラに仕上がった、という印象。グリップの存在も相まって、手ブレに対する安心感だけでいうと「X-T4」に勝ると思います。あちらは重いし、グリップも浅い。

200922xs10_08

片手で構えても十分安定。まぁでも、ファインダーはあまり使わなくて良いと思います。逆光やフレーミングに凝りたい時だけ構える感じで、基本はモニターを見ながらの撮影になるかと。この使い心地って「X100V」や「GR3」なんかのスナップに近いんですよね。

200922xs10_09

定番ズーム「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」をテレ端で構えても、ブレず。レンズの重さは310gと決して軽いわけではありませんが、グリップのおかげでフロントヘビーな重心もしっかり支えられます。35mmや50mmの単焦点なら、さらに軽快に使えるでしょう。単焦点レンズが欲しくなるカメラだ…。

200922xs10_10

このカメラの魅力は、グリップが5割くらい占めてるように感じます。クラシックカメラなルックスからは離れてしまったので、フジのそこが好きだったという人にとっては歓迎しない方向性ともいえるし、「軽くてブレないなんて最高じゃないか!」って人にはうれしい方向性ともいえる。

ズームレンズでスナップ散歩

では作例タイムです。ノートリミングノーレタッチ、レンズは18-55mm、設定はすべてSP(シーンに応じたオートモード)で行ない、フィルムシミュレーションは手動で変更しています。

200922xs10_11
大きいサイズの画像はこちら

神田周辺をスナップ散歩。「X-Pro3」「100V」「X-T4」のみでしか使えなかったクラシックネガが使えるのも、このカメラの魅力。レンズ代を考えないとするなら、クラネガが使えるもっとも安いフジ機といえますね。

200922xs10_12
大きいサイズの画像はこちら

バリアングルをぐるっと回して、座った状態で真俯瞰に近いショットを試みました。腕を伸ばしきった不安定な体勢でしたが、手ブレ補正のおかげでブレない画になったかな?

200922xs10_13
大きいサイズの画像はこちら

あれこれ不満を並べていたファインダーですが、もちろん使えます。西日や逆光のような高コントラスト環境では、やはりファインダーを見ながらフレーミングした方が良いですね。

200922xs10_14
大きいサイズの画像はこちら

これはファインダーを覗かず、手持ちで真下に腕を伸ばして撮影。揺れる花をAF-Cで追っています。ブレていないッ。

200922xs10_15
大きいサイズの画像はこちら

たまにはクラシッククロームを。クラネガが美味しすぎて、気がつくとずーっと使っちゃうんですよねぇ。絞り・シャッタースピード・ISOはずっとカメラ任せにしてますけど、ボケ具合も良い塩梅。

200922xs10_16
大きサイズの画像はこちら

結局、ほとんどファインダーレスで撮影できました。ハンドストラップで半日ぶらりと歩いてきましたが、腕の重さも疲れるほどじゃなかったし、突然のシャッターチャンスでもグっと握れるグリップはとても頼もしかった。スナップといえば単焦点ですけど、このグリップがあるならズームレンズも十分イケますよ。

その「S」が意味するものとは

「X-S10」。果たしてこのSは、何を表しているのか。何か上手いこと言えないかと考えた結果、「スピード」「スナップ」「スタビライズ」の3つを提案します。

すなわち、素早い操作性と、それによる軽快なスナップ、それらを支えるスタビライザーの存在です。SPモードのSもあるかもしれませんね。SPモードはダイヤル操作の必要性を忘れさせてくれる、ある意味でもっとも撮影の軽快さに付与するも要素といえるかもしれません。

(編注:富士フイルムによるとSは「スモール・スリム」「セキュア」「スタビライズ」「シンプル」とのこと。)

ハイアマやプロにとっては軽さを活かしたサブ機でありながら、手ブレやAF、フジ画質、マニュアルでの操作性など、メインを張れなくもない性能を秘めています。一方で、ダイヤルを削ぎ落とした潔い操作性は、旅カメラには丁度よい操作感。「ガチャガチャいじるカメラはもう持っている」という人であれば、構えず使えるこういうのは良い息抜きになるでしょう。

動画については、やっぱりクラネガやエテルナブリーチバイパスで撮った映像はテンション上がります。ただの日常がシネマライクになる喜びは、手ブレの安定感や最大10倍スローなどのバリエーション撮影も相まって、意外とハマる要素かもしれません。Qボタンと録画ボタンを間違って押してしまうリスクもありますけどね(何度かやらかした)。

200922xs10_17

「X-S10」ボディ単体は約12万円、XC15-45mmズームキットは約13万円、XC15-45mm+XC50-230mmのダブルズームキットは約15万円、XF18-55mmズームキットは約16万5000円。発売日は2020年11月19日です。

デビュー機価格に手ブレ補正を載っけてくる、この惜しみのなさたるや。

Photo: ヤマダユウス型

X-S10 ほしい?

  • 0
  • 0
富士フイルム

シェアする

    あわせて読みたい