超軽い! ミニマル派必見の「LIOバックパック」を使ってみた

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 島津健吾
超軽い! ミニマル派必見の「LIOバックパック」を使ってみた
Photo: 島津健吾

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

machi-yaでクラウドファンディングを実施中の「LIOバックパック」。

ミニマルかつスタイリッシュなデザインが目を引きますが、使い勝手は一体どうなのか? パソコンやノートなど、仕事で必要なデバイスを持ち運びやすいのか? 実物をレンタルして、実際にチェックしてみました!

スリムでスタイリッシュ。そして超軽量!

DSC07594
Photo: 島津健吾

「LIOバックパック」には、撥水性・耐熱性に優れたポリプロピレンボードを採用。表面は綾織りのナイロンで覆われていて、サラサラとした独特の触り心地です。目を引くスタイリッシュなデザインは、コートやジャケットなどのフォーマルなファッションにぴったり。一切のポケットが省かれており、ミニマルな印象もあります。

さらに、軽量素材を使っているため、本体は960gと超軽量。これで15インチのノートパソコンが入るなんて驚きです。軽量のバックパックを探している人にもオススメできます。

三日月型のムーンロックデザイン

DSC07690
Photo: 島津健吾

バッグの開口部は三日月型。初めて見る形状です。これには理由があり、開け方がとてもユニーク。

ダウンロード-1

ボタンやファスナーはなく、織り込んで開閉します。多少の雨なら、浸水することがありません。上のGIF画像を見ていただければ、セキュリティ面でも心配ないのがおわかりいただけるはず。初見の人には開け方が想像できず、片手で瞬時に開くのが難しいからです。これなら、貴重品を安心して持ち歩けるでしょう。

内側にもポケットなし

DSC07660
Photo: 島津健吾

内側にもポケットがない、シンプルな構造。クッション素材ではないため、パソコンを入れる場合は専用のケースを別に用意しましょう。

DSC07668
Photo: 島津健吾
DSC07683
Photo: 島津健吾

組み合わせとしては、ポケット付きのPCケースを選ぶといいかも。もしくは薄めのガジェットポーチとセットで使ってみるのもいいでしょう。

スタイリッシュさと容量はトレードオフ

DSC07685
Photo: 島津健吾
13インチのパソコンは余裕で入る

13インチのノートパソコン、スマホ、アダプター、モバイルバッテリー、ノートなど仕事道具で必要なものを入れてみました。十分収納できましたが、バッグ自体が薄めなため、ペットボトルや水筒は入らなそうです。

ただ、通勤をしたり、ショッピングに行ったりする上で、バックパックの容量はそこまで必要ではない場合もありますよね。そんなシチュエーションでは、かなりオススメしたいバックパックです。

ペアで使いたい「LIOクロスバッグ」

DSC07598
Photo: 島津健吾

今回のクラウドファンディングでは、「LIOクロスバッグ」が届くリターンも用意されています。こちらは斜めがけのシンプルなクロスバッグで、ちょっとした外出にぴったり。「LIOバックパック」と統一感のあるデザインで、ペアで使いたい人におすすめです。

DSC07599
Photo: 島津健吾

容量は、財布とスマホを入れるのにちょうど良さそうでした。シンプルなデザイで、こちらもコートやジャケットと相性良し。バックパックとセットのリターンにも注目です。


「LIOクロスバッグ」は、一般販売価格9,200円のところ10%OFF の8,280円(消費税・送料込み)。「LIOバックパック」は、一般販売価格22,000円から20%OFFの17,600円(消費税・送料込み)から支援可能です。プロジェクトの詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

>>進化系!新しい形のトレンドバッグ「LIO」男女問わずあらゆるシーンで大活躍!

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

    あわせて読みたい