Apple、App Store手数料を15%に引き下げへ(ただし大手は30%のまま)

  • author R.Mitsubori
Apple、App Store手数料を15%に引き下げへ(ただし大手は30%のまま)
Image: Apple

驚きました!

Appleは現地時間の11月18日、新たに“App Store Small Business Program”を発表しました。これにより、2021年1月から年間収益100万ドル(約1億380万円)以内の企業に対し、App Storeの販売手数料が現行の30%から15%に引き下げられることになります。

2008年にスタートしたApp Storeは、今や総数180万本ものアプリと毎週5億人ものユーザーが集まる一大プラットフォームへと拡大。手数料が軽減されることで小規模なベンダーや革新的なスタートアップが参入しやすくなるほか、収益を投資に還元しやすくなるため、市場の活性化や新たなヒット作が生まれる期待も高まります。

App Storeの30%手数料については、欧州連合で「独占禁止法違反の疑いあり」と調査が行われているほか、デベロッパーからも不満が高まっていました。最近では今夏に人気ゲーム『フォートナイト』を開発するEpic Gamesが「Apple税」に抗議する形で、App Storeで禁止されている直接決済方式を導入。Appleが規約違反を理由に『フォートナイト』をApp Storeから削除すると、Epic Gamesはこれを不服として大がかりな「反Apple」キャンペーンを展開。両社は現在も係争中です。

今回Appleが発表したApp Store Small Business Programと一連の流れとの関連性は不明ですが、少なくとも中小企業に配慮したかたちの本プログラムが「反Apple」運動に何らかの影響を及ぼすのは必至だと思われます。

App Store Small Business Programは2021年1月1日より実施予定で、対象となるのは2020年の収益が合計100万ドル以内の既存デベロッパー、または今後App Storeを通じてアプリ配布を計画している新規デベロッパー。また、今は収益が100万ドルを超えていても、当年の売上が100万ドルを下回った場合、翌年の手数料は15%に下がるとのこと。

本プログラムの全容と詳細については12月以降、あらためて発表されるそうです。

Source: Apple

    あわせて読みたい