Googleフォト難民の皆さん、自宅にネットワークHDD(NAS)はいかが?

  • 16,737

  • author 岡本玄介
Googleフォト難民の皆さん、自宅にネットワークHDD(NAS)はいかが?
Image: I-O DATA

他者に頼らず、自宅のネットワークで写真を管理しよう。

Google フォトの無制限保存が来年で終了されるとあって、難民になる方々はネット上に新たなサービスを求めることでしょう。ですが…ちょっと待った! この際なので、自宅のルーターやハブに繋ぐハードディスクの「NAS(Network Attached Storage)」の導入を考えてみてはいかがでしょうか?

I-O DATAからはPC向けの2ドライブと1ドライブ、そしてテレビ番組録画用モデル、オーディオ用サーバーが、いくつもの容量で売り出されているので要チェックです。

Wi-Fi経由でPCやスマホのデータを保存することができるNAS(ナス)。ネットワーク接続ができるハードディスクです。https://www.iodata.jp/ssp/magazine/181/index.htm

Posted by 株式会社アイ・オー・データ機器(IODATA) on Friday, September 11, 2020

PCにではなく家庭内のネットワークに繋ぐHDD

HDDというと、コンピューターに繋げてデータを保存する印象ですが、CPUとOSを搭載したネットワーク用HDD(つまりNAS、もしくはLAN DISK)をネットワークに繋ぐと、複数のデバイスからアクセスができ、スマホやタブレットでも共有や閲覧が可能になります。テレビ番組の録画、あるいは音楽データの一元管理をしたいと思っていた人もおられるだろうと思います。

初心者向けの「HDL-TA」シリーズ

たとえば1TB(1万6,500円)、2TB(1万7,600円)、3TB(1万9,900円)、4TB(2万6,600円)まで揃った「HDL-TA」シリーズは、本体を電源とルーターに繋ぐだけで設置が完了。PCなら専用ソフトから、スマホならQRコードを読み込んで、管理者パスワードを設定するだけで準備完了になります。

あとはそれぞれのデバイスから同時に、しかも「Remote Link Files」アプリを使えば外出先からもアクセスでき、写真や動画を楽しむことができます。

Video: 動画で紹介byアイオーレビュー隊/YouTube

自分だけのフォルダーでプライバシー対策も

ディスク内に接続するメンバーは、個々のパスワードで保護した「じぶんフォルダー」を作成できるので、家族間でもプライバシーがバッチリ守られます。またHDD内は暗号化されているので、データが抽出されたとしても他人が閲覧できない仕様になっています。

Video: 動画で紹介byアイオーレビュー隊/YouTube

アプリ起動で自動バックアップ

Fotoclip」というアプリを入れて自宅で起動すると、新規の写真や動画をNASに自動でアップロードします。もし出先でアップ中に中断されても、自宅で途中から再開するという点も安心です。また、テレビがDLNAに対応していれば「メディアサーバー」機能により、大画面のテレビで視聴することが可能です。

201120_iodata3
Image: I-O DATA

このように、Google フォトの無制限保存がおしまいになっても、多少の初期投資だけで、自宅で簡単にサーバーを導入する感覚で代替できる方法が存在します。Googleのクラウド上に保存するよりもセキュリティー的に安心かもしれませんし、これを機にちょっと検討してみてはどうでしょうか?

Source: I-O DATA (1, 2, 3, 4), YouTube (1, 2), facebook

    あわせて読みたい