ディズニー・リサーチの最新アニマトロニクス、呼吸や瞬き、眼球運動が超リアル

  • 8,912

  • author 岡本玄介
ディズニー・リサーチの最新アニマトロニクス、呼吸や瞬き、眼球運動が超リアル
Image: DisneyResearchHub/YouTube

人との相互作用が、リアルさの鍵です。

ディズニー・リサーチが、アニマトロニクスで人間とどのように目を合わせ、視線を交わすかを研究しています。

このたび公開されたのは、呼吸瞬き、そして眼球運動についての研究。どれだけ人間のようにリアルで信憑性が高いか? がキャラクターにとって大事な要素なのですが…そんなことより皮をヒン剥いたガイコツのようで、「ハロウィーンでそのまま使っちゃいなよ!」と思うほどです。

Video: DisneyResearchHub/YouTube

呼吸でアゴが浅くゆっくり上下し、たまに瞬きをして、人の目を見る。目の前にいる人の動きを真似ているだけなのですが、単純なモーター機構による動きとはいえ、まるで人間そのものです。

このロボットは、ヒューマノイドのオーディオ・アニマトロニクスというもの。この研究は、ただヒューマノイドの動きがリアルなだけでなく、人間と視線を交わして相互作用(何らかのコミュニケーション)をすることで、リアルさを演出する術を生み出そうとしているのです。

201030_disney2
Image: Disney Research

ホーンテッド・マンションに置いておけば良さそうですけどね。

登場するのはアトラクションか、それとも映画か?

以前にも、ディズニーリゾートで使われる、『アバター』ナヴィのアニマトロニクス技術を取り挙げたことがありましたよね。それを踏まえると、こうしたヒューマノイドは主に園内のアトラクションで活躍するようです。しかし今となっては、『スター・ウォーズ』やマーベルもディズニーの傘下なので、映画の中でもキャラクターの中身がコレだったりすることもあるかも? 今後は目を皿のようにして、探してみたいものです。

Source: YouTube, Disney Research via bOinGbOinG

    あわせて読みたい