GarminのちょっとApple Watchっぽいスマートウォッチ

  • 24,672

  • author 山田ちとら
GarminのちょっとApple Watchっぽいスマートウォッチ
Image: Garmin

クリスマスプレゼントにいいかも!

Garminから新しいGPSスマートウォッチ「VENU SQ(ベニューエスキュー)」と「VENU SQ Music(ベニューエスキューミュージック)」が12月3日から発売されます。

これまでラウンド型が多かったGarminのスマートウォッチですが、ウォッチケースがクラシカルな長方形に生まれ変わり、ちょっぴりApple Watchっぽい感じに。

お値段もApple Watch SEにピタリと寄せてきてるので、初めてのスマートウォッチをお探しの方には選択肢が増えますね。

充実の健康モニタリング機能

Image: Garmin

お風呂以外ずっとつけっぱなしを前提としたヘルスモニタリング機能が各種用意されているGarminウォッチ。

起きている間はどれぐらい歩いたか、何キロカロリー消費したかが常に記録され、寝ている間は睡眠の質を深い・浅い・レム・非睡眠の4段階に分けてログされます。

エネルギー低めぎみ…。
Image: 山田ちとら

また、Garmin独自の「Body Battery」機能もオススメ。1日を通してエネルギーの蓄えを0から100までの数値で測定してくれるんですが、寝たり休んだりすることで充電され、逆にキツいアクティビティ・過度のストレス・睡眠不足はエネルギーを消耗する原因に。

スマホの電池残量を気にするように「あと自分電池が5%しかない!」みたいな気づきがあって、けっこうおもしろそうです。

新年の抱負で「もっと運動したい」人へ

Image: Garmin

「VENU SQ」には光学式心拍計もついてます。

防水仕様で5気圧まで耐えられるので、スイミング中の使用もOK。また、ランニングやサイクリングなどのアクティビティを計測できる加速度センサーGPS機能も搭載しているそうです。

「Garmin Connect」という専用アプリと連携すれば目標を設定したり、日々の努力を可視化できるので、2021年こそは運動したい! というアツい志をサポートしてくれそう。

Suica対応はGarminとAppleのみ

Image: Garmin

今年の4月から新たにSuicaが使えるようになったGarminですが、「VENU SQ」モデルも対応しているとのこと。

また、「VENU SQ Music」モデルにおいてはSpotify、Amazonミュージック、LINEミュージックなどの音楽ストリーミングに対応。デバイス内に最大で500曲まで直接保存できます。スマートウォッチひとつでランニングに出かけられて、超便利!

いろいろカスタマイズ可能

Image: Garmin

アルミ製のベゼルはスレート・ライトゴールド・ローズゴールド・メタリックオーキッドの4種。シリコン製のQuick Releaseバンドと組み合わせればオンリーワンのこだわりスマートウォッチに。

ウォッチケースは高さ40.6mm×幅37mm×厚さ11.5mmで、Apple Watch SE・Series 6の小さいほうの40mmモデルとほぼ同サイズです。

お値段は「VENU SQ」が2万4800円(税別)「VENU SQ Music」が2万8800円(税別)。どちらも2020年11月26日予約開始で、2020年12月3日発売です。

iPhoneともAndroid系スマホとも互換性があるので、持つ人を選ばないのもいいところ。あなたならだれに贈りますか? 贈る前に自分で欲しくなっちゃうかも、ね。

Source: Garmin via ケータイWatch

VENU SQ・VENU SQ Music ほしい?

  • 0
  • 0
Garmin

シェアする

    あわせて読みたい