見といたほうがいいかも。Googleが厚労省のデータを基にした「COVID-19 感染予測」を公開

  • 48,767

  • author 岡本玄介
見といたほうがいいかも。Googleが厚労省のデータを基にした「COVID-19 感染予測」を公開
Image: Google Cloud

これを見れば、先の予定が立てやすくなるかな?

Googleが8月からアメリカで運営している「COVID-19 感染予測」サービスに、日本版が登場しました。このサイトでは、閲覧した日から28日後までの、日本国内での死亡者数、陽性者数、入院・療養等患者数などの予測値が表され、日本地図のグラフィックをクリックすると都道府県別の数字が確認できたり、グラフで推移を見ることができるようになっています。

201118_googlecovid2
Image: Google Cloud

いくつものデータを使い機械学習で予測

Google Cloudによりますと、これらのデータの基になっているのは、厚生労働省が発表しているオープンデータや、Google マップなどから得てデータ化した、コロナ禍における人の移動の変化、また平成27年度の国勢調査結果など、複合的な資料とのこと。そしてAIによる機械学習で予測値を出すのは米国版と同じであるものの、日本版は国内の感染状況やそれに対する人々の反応や、生活環境といった日本独自の状況も加味しており、應義塾大学の医療政策・管理学教室にいる教授や先生方による監修が行われています。

またデータはGoogleのBigQueryや、CSV形式でダウンロードが可能。専門家の人たちなら、上手に活用できるかもしれませんね。


Go Toキャンペーンで移動も多くありそうですし、年末年始に向けて忙しくなることと思います。このサイトはあくまで予測値を見るものですが、今後の予定を立てる際の参考になるのかなと思います。

Source: 厚生労働省 via Google Cloud, COVID-19 感染予測 (日本版) via PC Watch

    あわせて読みたい