GDP WIN 3の姿にVAIOみを感じる

  • 8,824

  • author 塚本直樹
GDP WIN 3の姿にVAIOみを感じる
Image: 株式会社天空

小さいガジェット大好き

これまでも意欲的なミニPCを開発してきたGPDから、新作の息吹です。日本代理店の天空が新モデル「GPD WIN 3」の情報を一部公開しました。

GPD WIN 3は、本体に5.5インチのスライド式ディスプレイを搭載。このディスプレイをスライドさせると、下からキーボードが現れる仕組みです。

それにしてもこの形状、かつてソニーから発売された小型PC「VAIO typeU」を思い出しますな。シルバーの本体にブラックのディスプレイなど、カラーリングもそっくり。ただしGPD WIN 3にはゲーム用のキーパッドとボタンがあり、よりゲーミング用途を意識しているといえそうです。

GPD WIN 3のその他のスペックとしては、プロセッサが第11世代TigerLake-UシリーズでLPDDR4-4266Mhzメモリを搭載。また、Thunderbolt 4ポートも搭載される予定です。

ミニサイズPCファンの心をビシバシと刺激してくれるGDPの新作、その登場が待ちきれませんね!

Source: 株式会社天空(Twitter)

    あわせて読みたい