ハーレーダビッドソンの電動自転車ブランド「シリアル1」が放つ、4台の現代的クロスバイクたち

  • 15,726

  • author 岡本玄介
ハーレーダビッドソンの電動自転車ブランド「シリアル1」が放つ、4台の現代的クロスバイクたち
Image: Serial 1/YouTube

最初の発表と違ってクロスバイクになったぞ?

eバイクのブランド「SERIAL 1」を立ち上げたハーレーダビッドソン。10月末の発表では、てっきりネオ・クラシックなモデル「Serial Number One(シリアル・ナンバー・ワン)」を出すのかと思っていたら…? なんと現代的なクロスバイクを、しかも4車種発売することになりました。

それが「/CITY」シリーズで、「RUSH/CITY SPEED」、「RUSH/CITY STEP-THRU」、「RUSH/CITY」、そして「MOSH/CITY」という顔ぶれになりました。いずれもbrose社の「S Mag」250Wモーターと、カーボン・ベルトドライブで走ります。安定性のあるワイドタイヤがアセンブルされており、都市内を快適に走り回れそうです。

「RUSH/CITY」

これは「/CITY」シリーズの中で、基本となるモデルかと思われます。最高時速は45km/h、706Whモーターで距離は185kmを走ります。価格は4,499ドル(46万9,000円)で、発売予定の春まで予約受付中です。

Video: Serial 1/YouTube

「RUSH/CITY STEP-THRU」

ステップスルーというモデルは、一般的に大きく跨がなくて済む女性用です。こちらは最高時速32km/h(EU版は25km/h)で、529Whモーターを搭載し144kmの距離を走ります。価格は4,399ドル(約円45万8,000)で、春まで予約受付中です。

なお、プロモ動画は「RUSH/CITY」と共通です。改めて見直すと、登場するお姉さんは足をサドルより前ではなく、後ろに回して乗っていますけどね。

201118_serial12
Image: SERIAL 1

「RUSH/CITY SPEED」

こちらのみbroseの「TF MAG」250Wモーターが採用され、最高時速45km/h(EU版は25km/h)、706Whモーターで最大185kmの距離を走ります。発売時期は1シーズン遅れて、2021年4,999ドル(約52万2,000円)にて登場予定です。それまでは予約受付中となっています。

Video: Serial 1/YouTube

「MOSH/CITY」

最高時速は32km/h(EU版は25km/h)、529Whモーターで169kmを走り、3,399ドル(35万4,500円)少しだけお安め。これも春に発売されるまで予約受付中です。ちなみに重量は他と違い、Lサイズのフレームで21.9kgとやや軽量。他は26.8kgで「STEP-THRU」が27kgと微妙な差があります。

Video: Serial 1/YouTube

どのモデルも、前後にディスクブレーキを持ち、ギアはハブに仕込まれた「Enviolo Automatiq intelligent auto-shifting hub」というもので、自動変速をします。また運転モードを切り替えることができ、Bluetoothで専用アプリと接続し、スマホをダッシュボードとして使うことができます。


どのモデルも結構なお値段ですが、果たして日本に輸入され、購入する人はどれほどいるでしょうか? また、「Serial Number One」が量産されるのかどうかも、気になるところです。せっかくブランドが立ち上がったので、これからも新型がどんどん出てくるでしょうけれども…?

Source: Twitter, YouTube (1, 2, 3), SERIAL 1 via SLASH GEAR, brose

    あわせて読みたい