秋のiPhoneケースファッションショー開催! 頑丈さ、エレガントさ、便利さ、アナタはどれがお好み?

  • 10,732

  • author ヤマダユウス型
秋のiPhoneケースファッションショー開催! 頑丈さ、エレガントさ、便利さ、アナタはどれがお好み?
Photo: ヤマダユウス型

メーイクアップ!

今日はiPhone 12 miniとiPhone 12 Maxの発売日。これにて新しいiPhone 12シリーズはすべて発売されましたね。みんなはどのモデルを選んだ?

さて、新しいiPhoneを手に入れてウキウキ気分であればあるほど、落下や傷つきにはご用心。特に今回のiPhoneはラウンドベゼルではなくなったため、ホールド感はかなり変わったはず。早めにケースをつけて保護してあげるが吉でしょう。

というわけで、ギズモード・ジャパン編集部が選ぶiPhone 12ファッションショー、もとい、iPhone 12対応のケースをいくつか着せ替えてみました。参考にしてもらえればと思います。BGMはPatti Austinの「Kiss」でご覧ください(アド街感)。

Ringke クリアスマホケース ショルダーストラップ付き

201113casefassionshow_02

長い両出しストラップが特徴で、本体保護というよりぶら下げる感覚でiPhoneを持ち歩きたい人にオススメ。ストラップは付け替え可能で斜めがけできる長さなので、色んなコーデが楽しめるのも◎。

トリニティ「[スマ冷え] iPhoneを熱から守る熱吸収ケース」

201113casefassionshow_03

独自のスリットがiPhoneの熱を外に逃がす、ちょっと変わったケース。3Dゲームのような発熱量の高いアプリを常用する人に特にオススメです。ICカードポケットにもなり、涼しげスタイルと機能性を両立。

VRS DESIGN「Damda Glide Pro」

201113casefassionshow_04

タクティカルな装いが少年ハートをシゲキしてくれるケース。プラモデルのような質感で、頑丈さはほどほど。背面のICカード収納部はスライド式になっていて、収納性もギミック性もグッド。

Spigen「スリムアーマー」

201113casefassionshow_05

僕が使っているケースで、握り心地、タフネスさ、スタンド内蔵などなど、程よい機能性が気に入っています。iPhone 12シリーズならではの面ベゼルでなくなってしまうのが、ちょっともったいない。

Spigen「タフアーマー」

201113casefassionshow_06

上記のスリムアーマーの上位的なケースで、大きく違うのはAppleロゴ部分の穴あきと面ベゼル。お値段も違ってくるので、お好みでチョイスをば。ロゴの部分が傷つきそうなので避けたんですよねぇ。

NOMAD「Rugged Case」

201113casefassionshow_07

ホーウィンレザーを採用した色気漂うケース。そのリッチさは思わず写真もリッチに撮ってあげたくなるほど。カウンターバーにそっと置いても実によく馴染む、オトナが持つべき逸品。

PELICAN「Shield」

201113casefassionshow_08

サンドイッチ式に本体を挟む、タフネスに全力を振ったケースです。付属のクリップはスタンドにもなり、利便性も抜かりなし。ケースが変わるだけで、スマホはスマホ以上の相棒になるのだ。

iFace Reflection

201113casefassionshow_09

最後は定番のシースルーなiFace。握り心地の良さは言わずもがな、皆が認めるグリップ感です。その安定感は勢いを増すファストファッションの如し。MagSafeにも対応。

デザイン、頑丈さ、サイズ感、機能性などなど。すべての要望を完璧に満たすケースとはなかなか出会えないのが、ケース選びの沼なところですね。これから数年使い続けるiPhoneです、どうか早めに守護ってあげましょう。

    あわせて読みたい