M1チップ搭載Macたちの実機ベンチマーク、とりました。めっちゃ強いです。

  • 42,395

  • author ヤマダユウス型
M1チップ搭載Macたちの実機ベンチマーク、とりました。めっちゃ強いです。
Image: ヤマダユウス型

普通に使うならめちゃつよだ。

Appleが自分ちで作っためちゃすごCPU「M1」チップ。そのすごさはすでに色んな角度から語られてきましたしベンチマークテストの数値も出ました。現行のMacBookをすべて上回る性能だとも言われてますが、ほんとでござるかぁ?

百聞はなんとやら。せっかく編集部にM1搭載のMacBook Air、MacBook Pro、Mac miniの3台が届いたのだから、ここは自分たちでもベンチをやってみましょう。Geekbench 5での計測結果をご覧ください。

各Macのスペック

MacBook Air 13" (Late 2020) M1 CPU:8Core / GPU:7Core / RAM:8GB / SSD:256GB / Gold

MacBook Pro 13" (Late 2020) M1 CPU:8Core / RAM:8GB / SSD:256GB / Space Gray

Mac mini (Late 2020) M1 CPU:8Core / RAM:8GB / SSD:256GB

MacBook Air

2air

MacBook Pro

3pro

Mac mini

4mini

シングルもマルチも、ほっっっとんど同じだねぇ。そもそもシステムがほぼ同じなので数値の違いも誤差レベルでしょう。では、これらのスコアは現行のMacたちと比べてどうなのかも見ていきます。

シングルコアでの比較

5single

2020年Midに登場した8コア3.8GHz i7-10700搭載のiMacが、1248。おしなべて1700台を叩き出してるM1Macたちと比較しても、圧倒的な差があります。iMacや16インチMBPより速いAirですか…!

マルチコアでの比較

6multi

マルチコア性能では2019 Earlyに登場したi9-9900が8273でトップ。M1Macたちはいずれも7600台なので、iMacにはやや劣れども、16インチMBPは上回るポジションに。

普段のPC作業においては、ほとんどのMacを超える高速性能が発揮できるとみて良いでしょう。Airはファンレス設計のため静音性と引き換えに排熱に不安があり、ヘヴィに使う人と軽やかに使う人とで選び分けできるはず。こう見るとMac miniのコスパがやべぇのですが。

次にグラフィック性能の指標となるOpenCLスコアも見ていきましょう。

MacBook Air OpenCLスコア

7air_compute01
8air_compute02

MacBook Pro OpenCLスコア

9pro_compute_01
10pro_compute_02

Mac mini OpenCLスコア

11mini_compute_01
12mini_compute_02

GPUがひとつ少ないAirの違いがしっかり出てますね。Mac miniが強いのは電源の安定感かな? これらの数値に近いGPUとスコアは、Geekbench Browserによるとこのあたり。

  • GeForce GTX 1050 Ti…21975
  • GeForce GTX TITAN…18068
  • AMD Radeon(TM) RX 560…17731
  • Apple A12Z…11308

ちなみに、MBP16インチのGPUさいつよプランに搭載されるAMD Radeon Pro 5600Mが39699。純粋なグラフィック性能ではさすがに敵わないですね。むしろ16インチを買った人たちが救われる…。

色々測定しましたが、ベンチマークはあくまで目安。まだまだネイテイブで動くアプリも少ないM1環境ですから、飛びつく場合は慎重に。ちなみにChromeは「Rosseta 2」環境でイマイチな動作感、Safariは爆速でした。んむーーM1、すごいなー!

Source: Geekbench Browser

    あわせて読みたい