『コロンビア』と『マンダロリアン』のコラボジャケット、子供に着せるとかわいすぎ

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo io9
  • [原文]
  • 傭兵ペンギン
『コロンビア』と『マンダロリアン』のコラボジャケット、子供に着せるとかわいすぎ
Image: Andrew Liszewski/io9

マンダロリアンの方は難易度が高い。

もはや恒例となっているスポーツウェアブランドのコロンビアとスター・ウォーズのコラボアイテムとして、今年はシーズン2も好評なドラマ『マンダロリアン』がテーマのジャケットが登場。

今回は、米GizmodoのAndrew Liszewski記者による、ベビーヨーダこと「ザ・チャイルド」がテーマの子供向けの「Columbia The Mandalorian The Child Jacket」と幼児向けの「Columbia The Mandalorian The Child Bunting」のハンズオンを紹介します。だいぶかわいい…!

bmlw0hrysvktukwky99n
Image: Andrew Liszewski/io9
pumlj2w3lqcdap84nu6f
Image: Andrew Liszewski/io9
z2wx2lo7k0oq7l7lwozf
マンドア語(マンダロリアンの言語)で文字が入っている!
Andrew Liszewski / io9

今年の新モデルで一番人気となるのは、このThe Child Jacketでしょう。子供のサイズによって75ドルから80ドルという価格で、他の冬用ウェアと同じくコロンビア独自のテクノロジーである着ている人の熱を反射して暖かさを保つオムニヒートが内蔵されています。さらにコートの中には内ポケットがあり可愛いザ・チャイルドの絵も描かれていますが、なんといってもこのジャケットの最高なところはフードから飛び出しているグリーンのフリースでできたヨーダの耳でしょう。ちなみにフードには耳を隠すためのポケットも有り、ベビーヨーダのような格好で毎日登校して社会的なバックラッシュを受けたくないという子供にも安心ですが、それじゃあつまらないでしょ?

wuwcvrncj9wixcqfj3ua
Image: Andrew Liszewski/io9

今年のスター・ウォーズ・コラボレーションでは幼児向けの冬着も発売。The Child Buntingは50ドルで、The Child Jacketを更に小さく柔らかくしたようなモデル。全体がフリースでできており、内側はシェルパ生地。フードにはヨーダの耳がついていて、袖は折り返すことができるようになっており、手足を外に出すことも中に入れて暖かさを保つということもできます。赤ちゃんにベビーヨーダの格好をさせたいから子供をもうけるというのはいい理由じゃないかもしれないですが、悪い理由でもないでしょう。その子が帝国や賞金稼ぎに追われない限りはね。

うちには子供はいないけど、なんだか欲しくなっちゃう魅力がありますね。というか、このデザインの大人向けモデルが欲しい。

sxkqamuvonec56nivu6r
Photo: Columbia

ちなみに大人向けサイズの商品である「Columbia The Mandalorian Interchange Hybrid Jacket」は300ドルで、マンダロリアンのベスカーアーマーを模したデザイン。こちらも裏地がオムニヒートとなっており、ブラスターは弾けないにせよ、だいぶ暖かそう。ヘルメットを模した40ドルのHelmet Gaiterと組み合わせると……マンダロリアンっぽくなる……というかボンバーマンみたいな雰囲気に。しかも日本版ではなく、海外版の。これを着てであるくのは、マンダロリアンの掟を守るのと同じくらいの覚悟が必要そう。

k4przeor51dujrpavxux
Photo: Columbia

もうちょっとシンプルなデザインのパーカーの「Columbia The Mandalorian Heavyweight Hoodie」もあり、こちらは120ドル。この写真では見づらいですがこちらもマンドア語の文字が入っているだけでなく、右腕にはディン・ジャリンのアーマーと同じく、マッドホーンの模様も入っており、静かに主張しているのがいい感じ。個人的にはまずこれが欲しいな……!

今回紹介したモデルはどれも2020年12月4日のEST12時1分からコロンビアのアメリカ公式サイトで発売予定。日本での発売はなく、また数量限定だと思いますので、欲しい人はどうにか頑張りましょう……!

    あわせて読みたい