スマホはこれで充分じゃない? 1.6万円で買えちゃうシャオミ・ブランドの「POCO M3」

  • 13,709

  • author 岡本玄介
スマホはこれで充分じゃない? 1.6万円で買えちゃうシャオミ・ブランドの「POCO M3」
Image: POCO Global

何もかもが、値段を見て思った以上のスペック。

中国のXiaomi(シャオミ)から独立を果たしたブランドPOCOから、スペックが高いのに1万6,000ほどで買えてしまうスマートフォン「POCO M3」が発売されました。

OSはAndroid 10をベースに作った「MIUI 12 for POCO」で、プロセッサーにはクアルコムのSnapdragon 662を採用。メモリはRAMが4GBと、ROMが64GBおよび128GBから選べます。

背面に3つのカメラ

カメラは800万画素のインカメラと、背面にはAIによる被写体認識と補正機能を備えた、メインの4800万画素カメラ、200万画素のマクロカメラ、人物撮影用に良さそうな200万画素の深度カメラが3つあります。

タイムラプスで面白い動画を撮影することもできちゃいます。

大画面FHDとデュアルスピーカー

6.53インチで2430×1080Pの大画面フルHDディスプレイを持ち、デュアルスピーカーも内蔵されているので、サウンドに凝った動画撮影や、動画配信サービスが楽しめそうです。

超大容量バッテリーは軽くて長寿命

バッテリーは6000mAhと超大容量なのに軽量で、18Wの急速充電にも対応。待機だけなら583時間、連続通話は40時間、音楽再生は196時間で、動画視聴でも17時間とのことです。充電回数は1,000回可能で、室内の温度にあれば通常のスマホより25%長持ちすると謳っています。

他にもユニークなのは、指紋認証センサーが筐体の側面にあるところ。右手で持てばちょうど親指が当たる場所なので、iPhoneでホームボタンを触るより速く起動できそうです。

この価格は今後の指標になるか?

日本での展開はまだのようですが、AliExpressでは注文できるようになっています。価格は64GBモデルなら129ドル(約1万3,500円)、128GBなら149ドル(約1万5,500円)。色は黒と青から選べるようになっています。

しかし低価格でここまでのスマホが実現できる…というのが、今後の市場に影響を与えるでしょうか? ひとつの試金石になったら面白いですね。

Source: Twitter, AliExpress via POCO Global

    あわせて読みたい